事業資金<至急>法人融資と個人借入にノンバンク事業者ローン2016年

【2016年最新】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

*

事業資金<至急>運転資金の融資借入にノンバンク

当サイトは至急の事業資金・運転資金を求めてアクセスしている方が多いので、
至急融資が可能なノンバンクをすぐに知りたい方は
特集記事「至急の即日融資可能なノンバンク借入3選」に、
ここをクリックして進んで
ください。

 

運転資金・事業資金を借りたい方へ

運転資金の融資を受ける際には、政府系金融機関の利用を考えて見ましょう。売上が上がらなくなって、資金繰りが苦しくなってくると、民間の金融機関の審査を通過することも厳しくなってきます。

日本政策金融公庫の「セーフティネット貸付」は、経営上の困難を抱えている事業者向けに運転資金や設備資金などの融資を行う制度です。金利は長期固定で、低金利という特徴があります。また、嬉しいことに公庫から既に受けている融資を、セーフティネット貸付へ借り換えるということもできるのです。

民間の銀行から運転資金の融資を受けたい場合には、「資金使途の説明」がとても大事だといわれています。民間の金融機関で「運転資金」という言葉を使う場合は、一つには「売り上げた資金を実際に回収できるタイミングが後になること」「支払いのほうが先になること」から、一時的な資金の不足が起こる、その部分を補うものという意味で使われることが多いです。

また、事業の内容によっては「売上の季節的な変動が大きいため、資金不足の時期がどうしても生まれてしまう」というケースもあり、その一時的な不足を補うためのもの、という意味で使います。「運転資金」という言葉の意味を理解した上で、銀行の担当者に「どのくらいの運転資金が必要なのか」を説明できることが、融資を受けるためのポイントです。

これらの合理的な説明を行うためには、様々な書類をそろえたり、ご自身でも事業内容を振り返ったり、あるいは融資に必要な書類をそろえておくことも必要になり、時間がかかります。

どうしても差し迫った資金需要があるときは、資金使途が問われないビジネスローンなどの利用も、考えていくといいかもしれませんね。

至急の即日融資可能なノンバンク借入3選

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

オリックスクラブカード

最短60分で審査回答。
最短即日の融資にも対応
しているのが最大の魅力!

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 全ての主要なコンビニ・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも

基本的にはカード発行の事業者向けカードローンという形。

実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 

法人融資ノンバンク/運転資金借入/企業経営の資金調達<特集>

 

中小零細企業の資金繰りを軽減する助成金・補助金の利用

「助成金・補助金」この言葉を良く聞くがあまり縁が無いと思う経営者の方は、恐らく、対象となる助成金を探す前から諦めているのではないでしょうか?

助成金・補助金制度を有効活用している企業は、毎年新しい対象となるものがないか注意しているそうです。中小零細企業であれば担当者、経営者はもちろんですが専門の社会保険労務士以外にもファイナンシャルプランナーなども情報源として有効に活用されています。

助成金・補助金制度は、申請すればどの事業者でももらえるものではありません、その多くは申請に対して10%程度の支給率ですから、かなり厳しいといえるでしょう。しかし、最初から諦めて何もしなければ10%の可能性すら出てきません。

担当の社会保険労務士への問い合わせと厚生労働省や経済産業省のWEBサイトから支給可能となりそうな助成金・補助金制度をピックアップして、現状と照らし自分で調べてみることが大切です。

助成金・補助金制度に対象となる事業者のすべてが「申請=支給」となるわけではありません。しかしながら、その種類によっては、申請数に対して3割程度の支給がされている場合もあるので諦めてかからずに、先ず申し込みをしてみることです。

地域の地方自治体などが中小企業や経営者に対して行っている助成金・補助金制度もありその気担って探してみると、とても多くのチャンスが見えてくるはずです。

例えば雇用促進に繋がる助成金などは、大変多くの種類が出ているので若い人や高齢者、体の不自由な人を積極的に雇用しようと考えている事業者は、適用になるチャンスが有り、助成金の種類と数も豊富です。

また、海外への事業展開に向けた大口の助成金・補助金制度も増加しており、現在のアベノミクスによる経済の活性化が東南アジアなど今後更に関係が強化されると見られるASEAN諸国への事業進出の際に、チェックは欠かせません。

なお、助成金・補助金には、そのほとんどが申請申し込みの期間が設けられているので募集時期にも注意が必要です。助成金・補助金制度は、借入れとは違い貰いっぱなしのありがたい制度です。上手く活用できるように工夫して申し込んでみましょう。

個人事業主の借入について30項目

 個人で事業をする。メリット・デメリット、税法上の注意点など
(個人事業主とは)

・個人で事業する
・法人でも個人事業主扱いされる?
・個人事業のメリットとデメリット
・税務上の注意点 ・個人と事業を区別する

開店資金や設備投資をどうするか?銀行借入 ノンバンク借入
(個人事業主の借入)

・回転資金の借入
・設備投資の借入
・銀行からの借入
・ノンバンクの借入
・個人(親類や友人
・知人)からの借入

中長期の計画、資金管理と返済計画、返済に充てる売上
(個人事業主の借入で注意すべき事)

・中長期の経営計画
・資金管理と返済計画
・自分のお金を事業に使う事
・安易な借入をしない
・返済にあてる売上の意味

資金管理の甘さ、財務知識の不足、公私混同、利益と売上の混同
(個人事業主が陥る罠)

・足元ばかりを見て長期展望がない
・資金管理が甘くなる
・公私の区別が無い
・財務状況についての無知
・売上を利益と勘違いする

貸借対照表、金銭感覚と財務諸表・税務知識、法人化
(個人事業主に必要なもの)

・貸借対照表を作ろう
・目標の段階的設定
・二つの視点を両立させる
・金銭感覚と財務諸表
・税務知識
・法人化への意気込み
・冷静な見極めと判断

個人事業主と借入の状況

・難しい借入と担保
・努力する事を間違うと地獄
・カードローンを短期で利用するつもりが…

個人事業主の借入は

個人事業をしている人の資金調達として借入を利用する事は多いと思います。銀行などの金融機関で申し込むと事業内容の説明や財務状況のチェックをされ、経営計画の詳細についても説明を求められると思います。

この事は何を意味しているかと言うと、借入を起こすと言う行為にはそれが必要だからです。自分が行なっている事業の状況を把握して、財務状況を含めた資金管理をして、どのような経営をして行くのか。これを考えていないと銀行は融資をしてくれないのです。

現状で資金がショートしているという事は、少なからず何らかの原因があるか、先の展望がある必要があります。売上が減っているのであれば何故減ってしまっているのかを考えて、それに対策出来る論理的な計画が必要です。

もっと売上を上げる為に設備投資するのであれば、借入を返済しながらでも事業が拡大する説得力のある計画がなくてはいけません。銀行にとってそれがない人に事業資金を融資する訳には行かないのです。

しかし、資金需要が全てこのような明確な計画に基づいているとは言えません。単純に入金の遅れから買掛金の支払いに苦慮している場合もあり、短期の回転資金を必要とする事もあります。個人的な出費で資金に余裕が無くなり事業が回せなくなる事もあるでしょう。

そんな時に銀行に多くの書類を要求される借入を申し込むのは手間もかかり面倒です。売掛金の入金があれば直ぐに返済出来る様な超短期の借入はノンバンクを利用して簡単に済ませてしまうのも有効な手法です。

しかし、ノンバンクは借入手続きが簡単ですが高金利な借入となります。短期の利用はお勧め出来ますが、短期で返せなくなると金利負担が増えてしまい事業の利益を減らしてしまう事になります。

それを避ける為には事業計画や資金計画、更には財務状況を把握して返済を確実なものにしなくてはいけません。

結局は手続きが面倒だと金利が安く、安易だと金利が高くなるのです。借入をする場合はそれの前に苦労するのか、後に苦労するのかの違いを考えて賢明な判断をして経営をして行く必要があるのです。

公開日:
最終更新日:2016/01/27