事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2017年

【2017年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

*

100万円 事業資金借入 無担保

100万円 便利屋

私は若い頃に都会への憧れがあり、田舎での暮らしにうんざりしていました。
18歳の高校卒業と同時に実家を飛び出し念願の都会での生活を始めたものの、なかなか定着した仕事に就くことができませんでした。
自分自身の努力も足りなかったのだと反省していましたが、やはり都会の暮らしは肌に合わなかったようです。
2年前に田舎に戻ったものの、こちらには生活するための仕事がありませんでした。
どうたらいいものかと困っていたところ、近所のお年寄りから色々と頼まれごとを受けるようになりました。
そこで便利屋の事業を始めてみようかと考えたのです。

便利屋としての仕事は基本的に何でも受けるのですが、必要な道具をあれこれと買い揃えると資金がいくらあっても足りません。
最低限必要な道具を買い揃えるためにコツコツと貯めていた貯金が200万円程ありましたが、あと100万円ほどが足りませんでした。
そこで事業資金として銀行に借入を申し込もうと思ったのですが、恥ずかしながら審査に通りませんでした。
定職に就いていなかったことがネックだったのかもしれません。
どうしたらいいのかと困っていましたが、ノンバンクなら審査が緩いということを知人に聞いたのでダメ元で借入を申し込んでみました。
すると難なく資金を借入することができ、無事に一番必要だった軽トラの購入もできました。

今では仕事も定期的にいただけるようになり、生活も不自由がなくなりました。
あの時、躊躇なくノンバンクを選んでいて良かったです。

 

100万円 占いサロン開業資金・開店資金

この前、占いサロンを開業するために事業資金100万円をローン会社から借入しました。
本当は、銀行から借入したかったのですが、断られてしまったので。
やはり、占いサロンだとなかなかお金を貸してくれる銀行は無いですね。
数社いきましたが、返済できるか不透明という理由で全て駄目でした。
しかし、最終手段として、ローン会社に借入をお願いすると簡単に100万円をすぐに用意してくれました。
事業計画書などを渡して、色々突っ込まれることもありましたが、思っていたよりも簡単でした。
一応、今回は100万円を3年間で返済することになりましたが、できる限り早めに返済したいと思っています。
最初は2年間でもいけるかなと思いましたが、事業計画を見る限り、3年はかかると言われたので、そうすることにしました。
年利15パーセントで3年間の返済であれば、月に4万円くらいなので、結構楽に返済できそうです。
ローン会社と聞くとあまりいいイメージを持たれていない人も多いですが、実際に利用してみるとそうでもないことが分かると思います。
私を担当してくれた人は非常に親切でしたし、無理に必要以上の借入を進めてきませんでした。
ただ、中には悪徳な業者もあるようなので、ローン会社の選び方には十分注意してください。
おかしなところで借りてしまうと、借金地獄になる可能性があるので、気をつけましょう。
もし、ローン会社を利用する場合は、誰でも知っている様な知名度が高い会社を選んだ方が良いでしょう。

 

借入金のポイント

会社を設立しても事業を運営していくためには資金が必要です。会社が軌道に乗り利益が出ている状態ならば、利益を留保しておき、それを運営資金に充てる事ができますが、利益が出るまではそうはいきません。ですが運営資金も新たな設備投資費も必要になりますから、その時に外部から借入金をするのが一般的な方法です。

このような資金調達の方法は、大きく間接金融と直接金融に分けられます。間接金融とは金融機関から借入金を受けることで、直接金融とは会社が友人や親をはじめとする出資者から直接借入金を調達することで、株主になってもらう場合などがあります。間接金融は会社による金融機関からの借入になり債務者は会社になります。

連帯保証人や保証人を立てる必要があり、会社代表者は連帯保証人になるのが一般的です。間接金融での場合は貸主の金融会社は株主ではありませんから会社の経営に介入してくるこはありません。ですが、会社が利益を出しているかに関係なく借入金の返済は始まるので、会社にとっては負担が大きい場合があります。

直接金融は株式会社の場合株式を発行して資金を調達することが可能ですが、株主になってもらった場合利益の分配として配当金渡す必要があるのですが、配当金は利益が出ていなけれ場払う必要がありません。ですが、株主は会社の経営に介入してくることができるので、株の比率に注意が必要です。特に友人との共同経営の場合後々の争いが起きないようにするためにも株の割合には注意する必要があります。

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

トップページへ

急な融資もOK!資金繰り向け事業者ローン 安心な3社

ビジネクスト

  1. 原則無担保・保証人なしで最大1,000万円
  2. 申し込みから融資まで来店が原則不要
  3. 1万円から利用可能という手軽さ

申し込みから融資まで来店不要で最大1,000万円という融資枠

実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
最大1,000万円
不要

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

公開日:
最終更新日:2017/02/03