事業資金融資 即日至急!借入が甘いのは銀行よりノンバンク/鉄道事業ウオッチも

事業資金 融資借入 即日至急ガイド

事業資金の融資400万円の例:リサイクルショップ/コンビニ

400万円 リサイクルショップの開店資金

リサイクルショップを経営している42歳男性です。
今年でオープンして、無事に5年目に突入しました。
軌道に乗るまで多少苦労しましたが、なんとかやってこれました。
そこで、今度新しく2号店がオープンします。
そして、事業資金を調達するためにノンバンクから400万円の融資を受けました。
1号店をオープンする時も私の場合は、銀行ではなくノンバンクから融資を受けました。
銀行でも良かったのですが、銀行だと付き合いがありますよね?
それが自分にとっては、非常に面倒だったので、毎回ノンバンクから融資を受けています。
ノンバンクであれば、銀行のように気を遣う必要が無いですからね。
でも、そういった付き合いが気にならない人であれば、銀行から融資を受けた方が良いです。
なぜなら、銀行の方が当然ながら金利が低いからです。
金利が低いと返済額も少なく済むので、経営を悪化させることもないはずです。
しかし、すぐにお金が必要、付き合いが嫌だ、手続きが面倒という人は、私のようにノンバンクの方が良いでしょう。
ただ、融資を受ける時は、金利が高いということを理解した上で受けてください。
それを忘れて多額のお金を借りたり、無理な返済計画を立ててしまうと大変なことになるので、気をつけてください。
経営者の中には、何かあった時のために多めに融資してもらう人がいますが、それはあまり賢い選択ではありません。
その分、利息が高くなってしまうので、必要な時に必要な分だけ借りた方が良いです。

400万円 コンビニの開業資金・開店資金

祖父の代から個人商店を営み地元の方に利用していただいていましたが、時代の流れには逆らうことができなく店を畳もうかと思っているという話を両親から受けました。
私はサラリーマンとして仕事をしていましたが、正直なところ仕事に対する疲れから近いうちには田舎に戻って店を継ぐことも検討していただけにまさに寝耳に水の話でした。
その時はじめて両親に店を継ぐことを検討していることも話しましたが、やはり個人商店の力では経営は苦しいようで、自分が継いだとしてもその先行きは暗いものだと思われました。
色々考えた結果、近くに競合店がないという状況を踏まえて大手コンビニエンスストアとフランチャイズ契約を結び、新たにコンビニとして経営をしてみることにしました。

コンビニとフランチャイズ契約を結ぶにはまず加盟金として300万円が必要とのことでした。
更に店の改装費用を含めると最低でも800万円は必要とのことでしたが、かき集めても用意できるのは500万円程度です。
あまりギリギリだと余裕がないので、400万円はなんとかして用立てる必要があったのですが、頼みの綱の銀行からは断られたため困っていました。
事業資金として必要な400万円を用立てるために、思い切ってノンバンクに融資を依頼したところ無事に審査も通りホッとしました。

現在はお客様の入りも上々で、経営も軌道に乗ってきて喜んでいます。
あの時思い切ってノンバンクに融資してもらっていて本当に助かりました。

投稿日:

Copyright© 事業資金 融資借入 即日至急ガイド , 2019 All Rights Reserved.