事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2017年

【2017年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

*

400万円 事業資金借入 無担保

400万円 飲食店(おでん屋)

かねてから料理は得意な方だと自負していた私ですが、特に知人から褒められていたのがおでんでした。
自分がこだわっていたのは「だし」で、これだけは誰にも教えていない秘伝のだしのとり方をしているからか、私のおでんを食べた方は皆褒めてくれていました。
昨年友人が経営していた飲食店を閉め、空き店舗となっていた場所におでん屋を出店しないかというお誘いを受けました。
正直なところ、自分が飲食店を経営するのは初めての経験ということもあり自信がなかったのですが、知人からの後押しもあり思い切ってお店を立ち上げることを決意しました。

そこで必要となるのがおでん屋を出店するための事業資金です。
お恥ずかしながら自由に使えるように蓄えていた貯金は100万円ほどしかなく、お店を改装するための費用や宣伝費用としてあと400万円は用意したいところでした。
始めは銀行に借入を申し込んでみましたが、飲食店を経営した実績のない私には見向きもしてくれない状況でした。
もう諦めるしかないのかと思っていましたが、ローン会社でも借入ができるかもしれないということを知人に教えてもらったので何社かローン会社をあたってみたところ、金利もそれほど高くないという会社を見つけることができました。
早速申込してみたところ、借入ができることになり無事おでん屋を出店させることができました。

私の自慢の味は口コミで評判となり、今では毎日にように満席になるほど繁盛させていただいています。
あの時諦めずにローン会社から借入をして本当に良かったです。

 

400万円 ペット服のショップ開店資金・開業資金

ペット服のショップを経営している29歳女性です。
最初は、インターネットで自分のお店を作って販売していたのですが、売上げが思った以上に伸び続けたので、最近自宅の近くにお店をオープンさせました。
ただ、お店をオープンさせるまでは、結構大変でした。
一番大変だったのは、事業資金の確保です。
400万円の事業資金が必要だったので、銀行に借入をお願いするとあっさりと断れてしまったのです。
理由は未だに良く分かりませんが、多分運営実績は短いことだと思います。
そして、知り合いや家族に事業資金を借りることにしたのですが、なかなか首を立てに降ってくれませんでした。
そこで、会社を経営している友人に相談したところ、ノンバンクを勧められました。
ノンバンクは利用したくないなと思っていましたが、低金利のところをいくつか紹介してくれたので、思い切ってノンバンクから借入することにしたのです。
ここでも断れたらどうしようかなと非常に不安でしたが、すんなりと審査を通ることができ、すぐに400万円の事業資金を調達することができました。
まだ、お店はオープンしたばかりなので、どうなるか分かりませんが、頑張って成功させようと思います。
一応、インターネットのショップも残したままなので、最悪失敗しても、ネットの方でなんとかなるはずです。
そして、このお店が成功した場合は、2号店、3号店と増やしていきたいです。
洋裁の知識がある人であれば、すぐにネットでも始められるビジネスなので、やってみてください。

 

借入金の基礎知識

借入金とは、個人・企業・政府などが、銀行などの金融機関や他の個人・企業などから、返済期限や金利など諸条件を定めて所要資金を借入する方法をいいます。

借入金には様々な種類があり、代表的なものとして証書借入・当座借越・手形借入が挙げられます。また、返済期限に応じて、1年以内で返済する短期借入金・あと1年で返済可能な長期借入金・1年以上の長期借入金の3つに分類されます。

証書借入れとは、返済条件や借入額・利率等の条件を記載した借用証書を借り手が発行し、借入を行う方法のことです。借入期間は1年以上が一般的で、企業の長期における運転資金調達や、地方公共団体の借入等にも利用されており、金融機関の貸付の大半は証書借入で行われています。

当座借越とは、当座借越とは、預金残高を超えて小切手を振り出すことができる借金を指します。銀行に担保を差し出し、当座借越契約を結ぶと、借越限度額まで小切手を振り出せるようになります。

手形借入は、手形を担保に借入を受けることです。手形とは、ある期日と金額を定めて支払う証文をいい、手形借入は紙切れ一枚で取引を行う、信用取引の手段といえます。会社で資金繰りをする際、支払資金を用意するために銀行など金融機関から借入金によって資金調達することが一般的です。

通常は取引のある銀行、信用金庫、信用組合などから資金を借りますが、中小企業の場合は銀行からの借入れが難しいため、国民生活金融公庫などの政府系金融機関から借りることもありま

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

トップページへ

急な融資もOK!資金繰り向け事業者ローン 安心な3社

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!

実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

公開日:
最終更新日:2017/02/03