事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2017年

【2017年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

*

900万円 事業資金借入 無担保

900万円 ペット葬祭業

最愛のペットを亡くし、悲しむ飼い主の方の気持ちは私自身が何度も経験していたのでとてもよくわかりました。
そしてその後はどうしたらいいのか困ってしまうのです。
本来であれば人間と同じように火葬をして大切に供養してあげたいものの、近くに火葬場がなくどうしようものないという方が非常に多いのが現実でした。
自分自身がそういった経験をしてきたこともあり、なんとか対応ができないものかと思ったのがペット葬祭業を営むきっかけとなったのです。

私がまず考えたのが、車にペットの火葬炉を取り付けて希望される飼い主さんの元へ直接伺うという方法でした。
この方法なら事業資金もさほど高くならずに済むのではないかと考えたのです。
移動火葬車や備品などの購入資金など色々計算したところ、合計で900万円ほどの事業資金が必要となりました。
この資金を工面しなければいけなかったのですが、借入先がなかなか見つからなかったのです。
そこで最後の手段として申込をしたのがノンバンクです。
ノンバンクは金利が非常に高いという印象が強かったこともあり、できれば利用を避けたかったのが正直な気持ちです。
しかし予想していたほど金利も高くなく、月々の返済額もこれなら大丈夫という金額になったので安心でした。

無事にノンバンクからの借入もでき、ペット葬祭業を営むことができました。
大切な家族の一員であるペットを失ってしまったご家族の方の気持ちをいたわりながら、ご供養をさせていただくことで大変感謝していただいています。

 

900万円 ラーメン店のフランチャイズ加盟

ラーメン店を始めるのに、どのくらい事業資金が必要だと思いますか?
安く始めようと思えば500万円くらいで始めることはできますが、ある程度の大きさのお店を作りたいのであれば、900万円は必要になります。
ちなみに私は、最初から大きなラーメン店を始めたいと思ったので、900万円かかりました。
ただ、900万円という貯金は持っていなかったので、ノンバンクから借入をしました。
そして、900万円という多額の事業資金を借入するのは、非常に難しかったです。
まず、限度額が500万円とか600万円のところが多いです。
そのため、900万円借入できるところを探すのに時間がかかりました。
実際、調べてみると900万円借入できる業者は、全て大手金融会社のみでした。
中小企業で900万円借入できるところは、無いと思ってください。
中小企業にとって、900万円という金額は非常にリスクが高いので、仕方が無いです。
そして、私はある大手消費者金融からお金を借りたのですが、それほど金利は高く無かったです。
むしろ、安いと感じました。
その時、初めてお金を借りたのですが、金額が高くなればなるほど金利は安くなるようです。
そのため、900万円の場合だと非常に安い金利で借入することができます。
現在、ラーメン店を始めて3年目になります。
売上げは計画通りなので、返済もスムーズにできています。
ただ、早めに返済したいと思っているので、後1.2倍売り上げを伸ばしたいです。

 

借入金の方法

会社を設立しても事業を運営していくためには運営資金や設備投資費などの資金が必要です。会社が軌道に乗り利益が出ている状態ならば、利益を留保しておき、それを運営資金に充てる事ができますが、利益がでるまでは外部から借入金をするのが一般的な方法です。

このような資金調達の方法は、大きく間接金融と直接金融に分けられます。間接金融とは金融機関から借入金を受けることで、直接金融とは株券を発行して株主から資金を調達する方法です。

間接金融の場合は借入金の返済日が決まっており、利益が出ていなくても返済していかなくてはなりません。また、契約時、例外を除いて物的な担保や保証人が必要になります。担保とは万が一返済できない状態なった時貸主に所有権を渡さなければなりません。ですから、一般的に不動産や土地などが対象になります。

直接金融は株式外社の場合株券を発行して資金を調達する方法です。直接金融で得た資金には使用目的にも制限が無く、返済義務は無い為会社が軌道に乗って利益が出たときに配当金を分配する必要がある。ですが、株主は会社の経営に介入してくることができるので、株の比率には注意が必要です。株主総会の議決権は株の比率に比例するものですから、自分音持っている株の比率が下がれば経営上の発言権も弱まってしますのです。

友人との共同経営の場合後々の争いが起きないようにするためにも株の比率には注意する必要があります。場合によっては経営者の地位まで脅かされてしまう可能性もあるのです。

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

トップページへ

急な融資もOK!資金繰り向け事業者ローン 安心な3社

ビジネクスト

  1. 原則無担保・保証人なしで最大1,000万円
  2. 申し込みから融資まで来店が原則不要
  3. 1万円から利用可能という手軽さ

申し込みから融資まで来店不要で最大1,000万円という融資枠

実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
最大1,000万円
不要

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

公開日:
最終更新日:2017/02/03