事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2017年

【2017年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

*

個人事業主がモビットで借りられる?

   

個人事業主がモビットを使う

モビットは三菱東京UFJ銀行系の消費者金融で、特に消費者金融初心者でも安心して利用ができます。モビットカードは、利用限度額が500万円までなので、一度カードを作っておけば、資金の必要なときに、安心して利用ができます。個人事業主の場合は、本人確認書類と収入を証明する書類のほかに「事業状況確認」の書類を作成する必要が出てきます。

 

モビットに個人事業主が提出できる「収入を証明する書類」は、確定申告書になるでしょう。もちろん、私もそうだったんですが、確定申告書の次の年度に、事業がどうなっている予定か?ということを、モビットに届け出る必要があるんです。前年と同じ規模で事業を続けていくのか、事業を縮小する予定なのか、それとも拡大する予定なのかということを、書類に書き込みます。また、収支計画、資金計画についても、届け出る必要があります。

 

私は、特段の変更がなかったので、そのように届け出たのですが、事業規模の拡大や縮小を考えている、ということを届け出ると、モビットの側から確認を受けなければならないようです。事業計画の拡大を考えているなら、実現可能な計画にする必要があるでしょうし、縮小を考えているなら、妥当な理由を用意しておくほうが良さそう。これは銀行融資を受けるときでも、同じことが言えますよね。

 

個人事業主として、記入しなければならないのは上記の書類で、他の点は一般の会社員の方と変わらないように思います。本人確認書類は、運転免許証、健康保険証、パスポートなどがあれば大丈夫です

 

※転出したい↓

モビット

インターネットの登場によって、多くのものが気軽に利用することができるようになりました。金融業に関してもそれは例外ではなく、昔はあまりいいイメージのなかったローンなども、より気軽に利用することができるようになり、多くの人が利用するようになりました。そんなインターネットの普及を最大限に生かして活動を行っているカードローンがモビットではないでしょうか。
モビットはインターネットを中心に金融業を行っているために、申し込みの方式なども、インターネットを利用した申込が主流となっています。インターネットの最大の利点といえば、使用する時間を選ばないということにあります。深夜や早朝というような本来であれば人の活動していないような時間であったとしても、インターネットであれば申し込みが可能になるために、自分のライフスタイルに合わせた利用をより簡単なものになっていきます。さらにモビットの場合は、申し込みのための手続きはもちろん、審査などの、様々な手続きを全てインターネット上で可能としてしまうという事が高く評価されています。
さらにインターネットに力を入れているモビットは、ホームページ上で融資を受けた際のシミュレーションを行うことができるようになっています。自分が必要とするだけの金額を融資した場合、どれだけの金額をどれだけの期間で返済していかなくてはならないかなどを明確に知ることができるようになっています。
以前はインターネットはパソコンから利用する事が主流でした、しかし近年ではスマートフォンなどの普及もあり、より様々な環境からインターネットを利用する事ができるようになっています。自宅はもちろんどこにいても利用することのできるカードローンとして、モビットは大変人気の高いカードローンになっています。

借金・借入ではない資金繰り方法


借金・借入ではない資金繰り方法がファクタリング

ファクタリングは、あなたの会社の売掛金を売って現金化することです。欧米では手形取引より一般的な資金繰り方法です。

ファクタリングとは? その仕組みと2社間3社間契約の違い

ファクタリング会社・業者の選び方と注意点

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

トップページへ

急な融資もOK!資金繰り向け事業者ローン 安心な3社

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!

実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 - 個人事業主OKのカードローン