事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2017年

【2017年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

*

個人事業主がプロミスで借りられる?

   

個人事業主がプロミスを使う

プロミスの個人事業主向けのカードローン「自営者カードローン」は、融資限度額が最大で300万円までなので、とっても便利ですよ。プロミスは三井住友銀行グループの消費者金融だからでしょうか、審査はけっこうきっちり行われます。本人確認書類は、運転免許証、健康保険証、パスポートなどがあれば大丈夫。でも、審査書類として、確定申告書と青色申告決算書か収支内訳書を用意するとともに、「事業実態を疎明する書類」も必要です。営業許可証に類する証明書や、受注書など、また報酬明細に類する書類などが用意できれば大丈夫。きっちり審査した上で、貸し付けてもらえるほうが、安心ですよね。

 

事前の準備はしっかりと必要ですが、審査は早いです。審査を通過しさえすれば、その日のうちに融資を受けることができますよ。いったん融資枠を作ってしまえば、今後も資金の準備が必要なときに対応できますよね。私としては「書類を準備する時間のほうが、審査にかかる時間より長い」っていう感じがしたくらいです。でも、個人事業主ならば、確定申告書や青色申告決算書は保管している方が多いでしょうから、資金の入用には間に合わせることが充分可能ですよ。

 

郵送でも申し込みはできるのですが、個人事業主の場合は「事業計画に関する書類」というのを作成してもらう必要があります。このステップが、一般的なカードローンにはないもので、少し不安だったので、私はアコムのサービスプラザへ出向いて、契約をしました。いったん契約をしてしまえば、今後も資金が必要なとき、いつでも利用ができて便利です。

借金・借入ではない資金繰り方法


借金・借入ではない資金繰り方法がファクタリング

ファクタリングは、あなたの会社の売掛金を売って現金化することです。欧米では手形取引より一般的な資金繰り方法です。

ファクタリングとは? その仕組みと2社間3社間契約の違い

ファクタリング会社・業者の選び方と注意点

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

トップページへ

急な融資もOK!資金繰り向け事業者ローン 安心な3社

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!

実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 - 個人事業主OKのカードローン