事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2016年

【2016年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

*

日本も対岸の火事では済まない!ウクライナ情勢とロシア経済

   

EU・アメリカVSロシアの様相が明確になってきたウクライナ情勢は、いきなり世界経済をマイナス方向に進める最悪に事態に様相を転じています。

既にロシアに対してはG7による、各国で協調した制裁措置がなされてきていますが、世界的なロシアに向けての制裁手続きは、既に日本からも制裁の発動を発表しています。
しかし、日本からの制裁の内容や政府関係者からのロシアに対する発言は、一応にソフトなもので日本政府が、EU・アメリカと完全に足並みを揃えてと言う状況ではないようです。

それもそのはずで、ここ4年間ほどで日本は、ロシアとの輸出入取引を年々増加させ、対中関係やアメリカとのガス購入の価格の交渉などを有利に進めるために、ロシアとの関係をこの1年で特に強化して進めてきた背景があります。

つまり、工業製品の輸出やエネルギー問題、そして北方領土問題なども含めたロシアと日本の二国間協議は、日本経済の再生を強力に推し進める現政権の新たな取り組みです。
2014年以降に向けて経済のプラスと国民に明るい話題提供の結実を期待できる、強力なカードの一つとなっています。。

中でも工業製品の輸出やガスを中心としたエネルギーの輸入は、一般消費者の生活にも影響する、電気料金の価格の維持や電力量の維持にも関係してきます。
特に、東日本大震災以降の火力発電に必要なガスの緊急輸入に際して、もっとも近い産出国のロシアから輸入することで、輸送なども含めたコストを何とか抑えることができているので、現状まで維持されていると言う現実があります。

日本からすれば、今回起きているウクライナ危機は、G7と強調歩調をとっているとは言え、本心からすれば迷惑千万な話で、この1年間でロシアとの距離を詰めてきた努力も水の泡になりかねません。

今回のウクライナ問題に関しては、全てを協同に歩調を合わせるのではなく、日本の立場をしっかりと伝えて、独自の外交を進める必要があるのではないでしょうか?

あくまでも個人的な期待と感想ですが、今回、アメリカと歩調を合わせると今世紀中の北方領土返還など到底望めなく成ってしまい、いつまでもエネルギー問題を含めて、アメリカに振り回される懸念を感じます。

ここは、日本国民の国益を最優先に考えた外交戦術と交渉を、安倍晋三首相と政府外交筋の手腕に期待するところです。

即日融資も可能な 運転資金向け 事業者ローン 安心な3社

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

オリックスクラブカード

最短60分で審査回答。
最短即日の融資にも対応
しているのが最大の魅力!

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 全ての主要なコンビニ・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも

基本的にはカード発行の事業者向けカードローンという形。

実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 - 景気動向&ビジネス・企業時事ニュース