事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2017年

【2017年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

*

事業継続の資金繰り。交渉、売掛金の回収、前払金、資産の売却、経営規模

   

交渉によって資金調達

個人事業を運営していくためには、いかにして資金調達を行っていくかということが非常に重要なものになります。融資や助成金などのように、他の人や団体から支援を受けることによって資金調達をするというのも、有効な手段の一つであることに間違いはありません。しかし個人事業を行う最大の理由といえばやはり売上を出すことによって、資金を調達するという目的があるため、いかに自分の力で資金を調達することができるかということも、重要な観点になってきます。個人事業を行っていく上では、利益を出すことはもちろん、出費を減らすということでも、利益を出すことが可能になっています。様々な方法をもって、資金調達を行うことが、より良い個人事業の経営につながっていくのです。

主に商品を販売する個人事業を行っている場合には、仕入れなどの取引を行っている取引先と交渉を行うことによって、より効率よく資金調達を行うことができるのようになります。品物を取り扱う取引を行った際に、必ず必要になるのが、納品と納品された商品に対する支払いをいつ行うかということです。この支払期限を遅らせる交渉を行うことができれば、その分自由に使用していくことのできる資金を得ることができたと考えることができるのです。そのためより余裕を持った資金の運用が可能となります。

どのように資金を運用していくかということも、個人事業を行っていくためには欠かせない要素となるため、より効率の良い資金運用の方法を探っていくことが、良い個人事業の運営につながっていくものではないでしょうか。

 

 

売掛金を早期に回収して資金繰り

個人事業を行っていく以上、いかにして資金を効率よく利用していくことをできるようにするかということが非常に重要な要素になると考えて間違いでは ないでしょう。いかに資金調達を行っていくかということは、突き詰めればいかに上手に資金を運用していくかということにもつながります。上手な資金の調達 法は、個人事業をうまく経営していくためには、もっとも基本となる項目の一つなのです。

個人事業を行っていく以上、顧客との金銭のやり取りは避けては通れない問題となります。その金銭のやり取りをいかにきちんと行うことができるかが、個人事業を成功させるためには必要不可欠な要素であるといっても間違いではないのです。

最 も代表的な例は、売掛の回収に関することです。売掛というのは本来受け取るべき金額のうち、いまだに受け取られていない金額のことであり、それらをいかに 回収することが、上手な資金の運用につながっていくことは間違いありません。早くに売掛を回収することができれば、それだけその分の資金を運用していくこ とのできる期間が長くなります。そうすることによってより資金を有効に活用することができるようになることは言うまでもないでしょう。

個人 事業を行っていくためには、資金の活用方法をしっかりとしていくということが、何よりも重要なことであるといっても間違いではないのです。そのためなるべ く売掛金を作らずに、自由に運用していくことのできる資金を揃えておくことが、どのような事業であっても重要な要素となるのです。

 

前払い金も資金調達の手段

個人事業を行い、効率よく資金を調達していくためには、どの時点で料金を受け取るかということは、非常に大きなポイントになることは言うまでもあり ません。より効率よく資金を調達することができるようになれば、それだけで、効率の良い資金調達が実現していくことになり、資金の運用を行う際には大変役 立つことになります。またどのような個人事業を展開していくかによって、有効となる資金調達の方法も異なってくるため、合わせて確認を行うことが必要にな ります。

事業内容によって有効な手段になるのが、前払いの資金を受け取るということになります。工事などを行う業者やweb制作などのよう に、顧客からの以来を受けて作業を行う事業者の場合は、前払い金や着手金という形で料金を受け取ることができるようになっています。着手金を受け取ったう えで作業を行えば、その受け取った料金をもとに仕事を行うことができるようになるため、より品質の高い仕事を行うことができるようになります。

そのほか着手金という料金体系は大変バリエーションが豊富なものであり、仕事の差別化がきちんとなされていれば、全額を前払いで受け取ることができるようになっているなど、より仕事に資金を生かすことができる方法にもなり得るのです。

しかし前払いで料金を受け取るという方法は、実は多くの個人事業者がいまだに採用している例が少ないものなのです。そのためより効率よく資金を運用していくための手段として、前払い金を採用することがより有効な手段となるのです。

 

資産の売却による資金繰り

個人事業を続けていく以上、どのようなものが資産として考えられ、また資産になりえないものであるのかを把握しておくということは、大変重要なこと になります。結論から言ってしまえば自分の所持しているものすべてが何らかの形で資産となり得るものであるため、それらのやりくりをきちんと行うことがで きれば、それだけで大変大きな資産を運用していくことができる可能性になります。資産を売却することによって、より良い形での資金繰りを行うことができる ようになるのです。

自分の現在所持している資産の中でも、まず資金繰りのために売却するべきものと言えば、自分の資産、ひいて事業そのもの に対してプラスを生み出すことのないと思われるものであることは間違いありません。例えば、自分が所持している土地や不動産の中でも、特に利用方法がない まま所持していしまっているものは売却することによって資金繰りを行うことができるものの中でも非常に影響力の高いものではないでしょうか。

不動産は売却することによって、高い資産価値が生じることはもちろん、所持しているだけで固定資産税も発生してしまうものであるため、売却を行うことによって、より効率よく資産を運用していくことができるようになるものであるのは間違いありません。

不動産などのほかにも、ゴルフの会員権などが資金繰りのために売却されるケースが多いほか、近年ではwebサイトを資金繰りのために売却するというのもよく見られるようになっています。

融資ばかりが個人事業主の資金調達ではない

個人事業を行うということは、自分の力だけで収益を生み出し、利益を得ていくことができる方法になります。しかしそれだけに非常に大きな責任を負う ことになり、事業が拡大し従業員が増えてくれば、そういった人たちの生活まで背負うことになってきます。そのため個人事業主としての活動を行っているすべ ての人は、人一倍資金繰りに関しては気を使っていかなくてはならないものです。

資金繰りの方法と聞いて多くの人が想像するものが、融資を受 けるということにあります。確かに近年では多くの金融機関が融資に関連するサービスを展開しており、社会的にも融資を受けることに対するハードルはたいへ ん下がってきています。しかし融資を受けるということは、必ずその資金を返済していかなくてはならないリスクを背負うほか、金利が発生していくため、結果 的にはより多くの資金を費やしてしまうということにもなるのです。そのためより賢い資金繰りの方法を考えていくことが、個人事業を行うためには必要不可欠 な要素であるといっていいでしょう。

個人事業を行っていく上での資金調達の方法には様々なものがありますが。その多くが、取引先とのやり取 りの中で得られるものです。仕事を行う前に着手金という形で、本来支払われるべき料金の一部を受け取っておけば、より余裕を持った資金運用を可能とするば かりではなく、その仕事に対して、より良い仕事を行っていくことができるようになる可能性もあり、自分の行う事業の信用をより強固なものにすることが可能 になるのです。

どうすればより良い形で資金繰りができるのかを知っていれば、自分の事業で成功を収めるために大きく前進することができるでしょう。

 

個人事業主の経営規模で変わる資金繰り

個人事業を展開していく上で資金繰りは欠かせないことであるのは言うまでもありません。どのような活動を行うにも、しきんがなくては 始めることが できないのはもちろん、自分の行っている事業を維持していくだけでも、非常に多くの資金が必要になるものです。そういった資金をいかに調達することができ るのかを考えることによって、より確実に個人事業による成功を収めることができるようになるのです。

個人事業主が行う資金繰りの方法と一言 で言っても、その内容は実に多種多様なものがあります。銀行や消費者金融などから融資を受けることはもちろん、不要な物件や資産の売却、さらには取引先と のやり取りの中でも、有効な資金の運用方法は見つかるものであり、それらのすべてがより有効な資金繰りを行うことができるかどうかにかかってくるものなの です。そのため、資金繰りの方法をどれだけ思いつくことができるかが、個人事業を行う上で重要な要素の一つであるといって差し支えないでしょう。

そ して個人事業は、その規模が大きくなればなるほど、様々なことに気を遣わなくてはならなくなります従業員への給与を支払うための資金繰りも必要になるほ か、多くの設備を管理しなくてもならなくなります。しかし同時に資金繰りの方法も、大きな経営規模を持って初めて行うことができるようなものも数多く存在 しているため、経営規模に合わせた資金繰りの方法を見出すことも重要になります。大きな事業をなしえるためには、より大きな方法をもって対処を行うことが 必要になるのです。

借金・借入ではない資金繰り方法


借金・借入ではない資金繰り方法がファクタリング

ファクタリングは、あなたの会社の売掛金を売って現金化することです。欧米では手形取引より一般的な資金繰り方法です。

ファクタリングとは? その仕組みと2社間3社間契約の違い

ファクタリング会社・業者の選び方と注意点

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

トップページへ

急な融資もOK!資金繰り向け事業者ローン 安心な3社

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!

実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 - 資金調達と融資・借入の基礎知識