事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2017年

【2017年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

*

事業開始の資金調達法。知人親族借入、国民生活金融公庫、信用保証協会融資、ベンチャーキャピタル、助成金補助金

   

知人や親族からの借入

個人事業を行っていくためには、様々な面で資金を用意することが必要不可欠になります。その中でも特に多くの資金を必要とするのは、開業するときであるのは間違いありません。開業の際には店舗や事務所のような物件を購入または賃貸で利用していかなくてはならないため、それにかかる費用は非常に高額なものとなっていきます。また物件を事業を行うのに適した形にリフォームしなくてはならないなど、多くの手を加えることが、事業を行っていくためには必須の項目であるといってもいいでしょう。そういったことなどから、いかに資金調達を効率よく行うことができるかによって、今後の事業が成功するかどうかがかかっているといっても間違いではないでしょう。

とはいっても、個人事業を始めるために融資を受けるとしても、安定した収入を得ることができない個人事業主の金融機関利用自体が難しいものとして考えられることが多いほか、これから事業を始めようという人に、結果を期待することはなかなかできないものです。そのため信用を担保として融資を行っている金融機関から、事業を始めるための資金融資を依頼するというのは、あまり良い結果とならない可能性もあります。

そのため、事業を始めるための資金調達方法として、良く用いられるものが知人や親族からの借入という方法があります。ただしこの方法は、失敗すればその後の人間関係にも大きく影響するという大変リスクの高いものとなるため、どのようにその資金を使用し、事業を成功させていくかについて慎重に考えなくてはならないものであるのは言うまでもありません。

個人投資家からの借入

個人事業を始めるために、もっとも重要なことと言っていいのは、いかにして、事業を運営していくための資金を調達していくかということにあります。 資金の調達法によっては、その後の個人事業の運営に大きな影響を及ぼすことになるため、慎重な資金調達法の選択を行うことが必要不可欠になります。正しい 方法を用いて有効な個人事業の資金運用を行っていくことは非常に重要なことなのです。

個人事業を始めるための資金調達法として、現在特に注 目されているものの一つに、個人投資家から借入を行うというものがあります。個人投資家は別名エンジェル投資家と言われており、これから事業を始める人に 自分の資金を提供することによって、その事業が成功した際に、利益を得ることができるようにした制度です。

実際にどのような人が個人投資家 としての活動を行っているのかといえば、自分でも個人事業を行っており、さらにある程度の成功を収めた人であるといえます。そういった人が、ほかの個人事 業を支援する目的で個人投資家としての活動を行っているというケースがもっとも一般的な個人投資家の形態となっています。

個人投資家からの 資金の借り入れを受けるためには、まず自分の行っている個人事業が、将来的に利益を生むことのできるものであるということを周囲にアピールする必要があり ます。つまりある程度、個人事業で結果を残して、他の個人投資家にアピールしていくということが必要になります。そうすることによって、より多くの資金を 投資してくれる投資家に出会うことができるようになり、より大きな事業を行うことができるようになります。

 

日本政策金融公庫の融資を受ける

個人事業を展開していく中で最大の問題といっても過言ではないのが、資金をいかにして調達するかということです。個人事業を行うための資金の調達方法には様々なものが存在していますが

、 それぞれリスクなどが存在しているため、より自分に合った方法での資金調達を行うことが必要になります。例えば友人や知人を頼るという方法は、事業を展開 できるほどの大きな金額を個人同士の取引でやり取りすることになるという性質上、トラブルを招きやすく、また個人に経営を担うほどの出資を依頼するという 戸にもなるため、あまり現実的な方法とはいいがたいものです。また個人投資家からの融資を受けるという方法も、ある程度自分が個人事業で成功しているとい う前提が必要になるため、これから事業を始めるという人が利用するというのはあまり現実的な方法ではありません。

これから事業を始める人が 資金を調達するための方法として、もっとも現実的な方法であり、よく利用される機会の多いものに、日本政策金融公庫からの融資を利用するというものがあり ます。国民政策金融公庫は創業融資という別名で親しまれており、最大で1500万円もの金額を、実績などがなくても融資してくれる機関であり、個人事業を 行う人の中には、日本政策金融公庫のお世話になったという人は決して少なくはありません。

無担保で事業を展開していくための資金をもっとも効率よく調達することのできる手段の一つとして、日本政策金融公庫の融資を受けるということは、非常に有効な方法であるため、これから事業を始める人は、まず検証するべきことであるといっていいでしょう。

 

信用保証協会の融資を受ける

一般的な金融機関では、確実に返済を行ってもらうためにも、一定の収入を得ている人をはじめとして、信用のある人にしか融資を利用することができな いようになっています。これから事業を始める方は、その事業が成功するかどうかが定かではない為、金融機関から信用を得ることが出来るかどうかという面に おいては、あまり大きな信用を得ることができなくなってしまいます。その為これから事業を始める人は、適した資金の調達方法を探っていかなくてはなりませ ん。

そういった人を対象とした融資を受けることの期間として、信用保証協会という機関があります。信用保証協会は、事業を始める人の中で は 大変有名な機関であり、多くの事業を始める予定の人は、信用保証協会か国民政策金融公庫の行う創業融資のいずれかを利用する事が一般的です。創業融資にも 信用保証協会にもそれぞれ特徴があるため、それらをしっかりと認識した上で融資を受ける必要があります。

信用保証協会の最大の特徴は、金利が安いという点にあります。これから事業を行う場合には、さまざまなことに費用がかかるようになるため、余分な出費はできる限り避けたいものです。そう考えると信用保証協会の行っている融資は大変有効な手段であると考えられるでしょう。

ただし信用保証協会の利用を行うためには平均して2ヶ月という非常に長い審査期間が必要になるため。事業を行うためにすぐにでも行動したいと考えている人にとっては扱いにくいものとなってしまいます。

 

人気の資金繰り方法であるベンチャーキャピタル

個人事業を行っていくための資金の調達方法の中でも、有効な手段の一つに個人投資家に出資を募るという方法があります。自分と同じように個人事業で 成功している人が、新しく始まった個人事業に対して、投資を行うことによって、利益を得ることができるというのが、個人投資家の仕組みとなっています。し かし個人投資家による投資活動が盛んに行われているのは、主にアメリカでの話であり、日本ではアメリカほど盛んに個人投資家による活動が行われているとい うものではありません。日本では個人投資家の活動よりもベンチャーキャピタルという方法をもって、個人事業者への投資が行われてるケースのほうが多くなっ ています。

ベンチャーキャピタルとはどのようなものかというと、上場していない小規模な事業に対して投資を行うことによって、上場を促す な ど、その事業の規模を拡大することによって、投資を行った金額の数倍から10倍以上の大きな利益を生むことのできる投資の方法として、日本国内では頻繁に 行われている投資の方法になります。

最終的にその事業を上場させることを目的においているため、ベンチャーキャピタルの投資対象として選 ば れるためには、5年以内の上場を自分自身が目指しているということが絶対条件となります。そのほかにも事業計画の規模がIPOを超えていることなどもベン チャーキャピタルからの投資を受けるためには欠かせないものとなります。将来大きな事業を行うことによって、還元を狙う投資方法であるため、今後の計画が 一定の規模に達していないと、ベンチャーキャピタルを利用することはできなくなってしまいます。

 

助成金や補助金で資金調達

地方によっては、その地域に住んでいる人の行う個人事業に対して、一定の支援を行っており、積極的に個人事業を行うことを促している地域も存在して います。そういった自治体などからの支援を受けることができる制度を、助成金や補助金といい、これから個人事業を始めようと考えている人にとっては、非常 に心強いものとして考えられています。

助成金の最大のメリットといえば、受けた助成金の返済を行う必要がないということです。個人事業を 始 めるためには、非常に大きな金額を必要とすることに間違いはありません。その大きな金額の融資を受けた場合には、その金額を必ず返済していかなくてはなり ません。いくら多くの利益を個人事業によって得ることができたとしても、まずは創業のために利用した融資への返済を行わなくてはならないという点が多くの 個人事業を始めた人の悩みであるといっていいでしょう。しかし助成金の場合には、返済していく必要のない資金であるため、融資によって受け取った資金以上 に有効に活用していくことができる資金であるといっていいでしょう。

しかし助成金などを受け取る際には、非常に長い手続きが必要になるこ と がほとんどです。そういった長い手続きを行っていくためには、その仕組みを十分に理解するとともに、申し込みから実際に資金が提供されるまでの時間を計算 しなくてはならなくなります。そうすることによってはじめて助成金をうまく使用した個人事業の展開ができるようになり、有効な個人事業を行っていくことが できるようになります。

借金・借入ではない資金繰り方法


借金・借入ではない資金繰り方法がファクタリング

ファクタリングは、あなたの会社の売掛金を売って現金化することです。欧米では手形取引より一般的な資金繰り方法です。

ファクタリングとは? その仕組みと2社間3社間契約の違い

ファクタリング会社・業者の選び方と注意点

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

トップページへ

急な融資もOK!資金繰り向け事業者ローン 安心な3社

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!

実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 - 資金調達と融資・借入の基礎知識