事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2017年

【2017年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

*

個人事業主に必要な融資借入できる?資金調達と支払い経費とより良い事業と

   

資金調達が必要になる個人事業

個人事業を行うということは、その事業に成功することができれば、一般的な仕事を行うよりも多くの収入を得ることができるようになるなど、大変メリットの大きなものであることは間違いありません。そのため多くの人が個人事業を始め、独り立ちをしたいと考えていくものです。しかし個人事業主になるというのは、想像以上に大変なものになるのは間違いありません。例えば個人事業主というのは会社を経営していくことになりますが、自分の判断一つで会社の経営がうまくいかなくなってしまうということも否定できません。そのため独立を考える前には、多くの予備知識が必要になることは言うまでもありません。

そしてもう一つは個人事業を始めるということは、それだけ開業のための資金が必要になるということです。個人事業と一言で言ってもその内容は多種多様なものになります。その事業はパソコン1台程度の備品から行うことができるようなものから、大掛かりな機械や店舗としての住居などが必要になるものまで千差万別です。機械や店舗が必要になる個人事業を行うためには、多くの資金が必要になるものです。そういった多くの資金を集めることは、大変難しく資金調達の方法を考えなくてはなりません。

多くの場合、金融機関からの融資を受けることが、難しいとされる可能性が高くなってしまうのが、個人事業主の問題点になります。しかし近年個人事業主向けの借入を専門に行っている金融機関なども多くみられるようになっているため、それらを探してみることも、有効な手段になるのではないでしょうか。

個人事業主が融資を利用しにくいのはなぜか

今でこそ個人事業主を対象とした融資が展開されているなど、個人事業主が融資などを利用して資金調達が必要になるということが多くの人に認められる ようになってきました。しかしかつては融資などの金融サービスは、正社員や公務員というような人にのみ与えられるものであり、個人事業主が融資を利用する ということは非常に難しいものでした。なぜ個人事業主が融資を利用するのが難しいのかを知ることによって、より充実した金融機関のサービスを受けることが できるようになるため、より有効なサービスを受けることができるようになるのではないでしょうか。

個人事業主の最大の特徴としては、収益が 自分の残した結果によって大きく変わってくるというところにあります。自分がその事業において大きな成果を出すことができれば、それだけ多くの収益を得る ことができるようになります。しかし反対にその事業に失敗してしまえば、収益を得ることができなくなってしまいます。個人事業主が融資を利用しにくい理由 もここにあります。

融資を利用するということは、その金額の返済を数か月から数年にかかって行っていくことになるため、その数年先まで少な くとも同じだけの収入を得ることができていなければ、返済を行っていくことに支障が出てしまうことになります。そのため、安定した給与を受け取ることがで きる正社員などの人こそ、融資を利用しやすい環境が生まれ、反対に個人事業主のような安定した収入を得ることができない可能性のある人には、金融機関によ る融資を利用することが難しいという状況が生まれるのです。

個人事業主が利用できる借入

数か月から数年にわたって返済をしていくことが必要になる融資において、安定した収入を得ることができているかどうかということは非常に重要なこと として考えられるものです。そのため金融機関からの融資を利用することができる人は、長い間正社員として働いているような、安定した給与を受けることがで きるような人に限定されたものでした。しかし現在では開業のためなど、個人事業主の中にも融資を利用する必要がある人が多いということが見直されてきてお り、個人事業者が利用することのできる金融機関も年々増加してきました。ではどのような金融機関であれば、個人事業主が利用していくことができるととも に、個人事業主が使用していくことで大きな利益を生むことができるのでしょうか。

まず個人事業主が利用しにくい金融機関となると、銀行にな ります。銀行は高い信用を得ている金融機関であるため、少しの問題が銀行の信用を損なう可能性があるとして、融資を行う相手を慎重に選んでいく傾向にあり ます。そのため、安定した収入を得ることができないと考えられるケースの多い個人事業主などへの融資に関しては積極的でない場合が多くなります。

反対に個人事業主の事業を支援しようという名目で、個人事業主に対する支援を積極的に行っている機関も存在しており、多くの個人事業主は、そういった機関からの融資を受けることによって、事業を展開することになっています。

国民生活金融公庫や各地の商工会議所などが積極的に個人事業主を対象とした融資を行っている機関としての代表的なものであるため、多くの個人事業者から利用されている機関となっています。

 

どのような点で個人事業主は資金調達が必要か

個人事業主は、その事業を行うために、多くの資金が必要になります。ただでさえ融資などの金融機関の利用が難しいとされることの多い個人事業主が、 どのような面で資金調達を行うことが重要視されているのかを知ることができれば、それだけでより効率のいい資金繰りが実現していくことになります。しかし 資金繰りを行うためには、まず自分がどれだけの資金を必要としているかということを明確にしていく必要があります。個人事業を行っていくためには、どのよ うな資金が必要になるのでしょうか。

仕事のためにかかる費用を必要経費と言い、上手に必要経費を考えることによって、税金などの面で、より かかる費用を抑えることができるようになります。それによって結果的に資金調達がより効率的に行うことができるようになるのは間違いないでしょう。法人に よる企業と個人事業で行われている企業では費用の計算方法も異なるため、計算方法を確認しておくことも有効な手段です。

代表的なものが交際 費の計算であり、法人の場合には、交際費は全体の10%ほどしか必要経費として計算することができません。対して個人事業の場合には、交際費のすべてが必 要経費として計算することができるのです。そのようにかかる費用の計算方法でも、個人事業は独自の計算方法が用いられるようになるのです。そういったかか る費用の計算をしっかりと行うことだけでも、個人事業の資金運用には非常に大きな影響を与えることになるのです。

 

資金調達によって支払う経費

銀行や金融機関からの融資を受けるということは、大きな金額を必要とする個人事業主にとっては非常に重要な役割を担うものであることに間違いはあり ません。本来であれば借り入れを行鵜ことが難しいものであるとされる個人事業主にとって、どのように金融機関からの融資を受けるかということが重要になる のはもちろん、融資を受けた資金をどのように使用していくかということも、重要な問題になることは間違いありません。個人事業を行っていく上で、どのよう な資金が必要になるのかを知ることが必要になるのです。

個人事業主が支払う必要のある経費としてもっとも重要なものになるのは光熱費です。 光熱費は必要経費のうちに数えることができるものとできないものがあるので資金を運用していく上では、その内訳を知っておかなくてはならないものの一つに 数えられます。具体的には、電気代は、その事業を行っている場所の面積などに応じた金額を、必要経費として算出することができます。しかしガスや水道と いった設備は、その使用が明確にその事業と関連しているものであるかどうかを証明することができない以上、必要経費として算出することができなくなってし まうものです。

そのほかにもその事業を行っていくために必要不可欠なものとなる家賃や、通信費などのような経費は、すべてが必要経費として 扱うことのできるものとなっています。このように必要経費になるものとそうでないものを区別して使用していくことによって、限りのある経費をより有効に活 用することができるようになるため、個人事業を行う人にとっては、必要経費について考えることは大変有効な方法になります。

 

事業をより良いものにするための資金調達

個人事業を展開していく上で、特に重要になることが、資金調達の方法と、その資金をどのようにして活用していくことができるのかということにありま す。どれだけ資金を調達できたとしても、その資金を有効に活用していく手段がわからなくては、個人事業を成功させていくことは非常に難しいことになってし まいます。そのためどのような金融機関から融資を受けることができるのか、その資金をどのように使用していくことが良いのかなど、資金に関することを知る ということが、個人事業を行っていく上では大変重要なことになります。その事業を維持していくための資金が必要になることはもちろん、事業を展開してより 良いものとしていくための資金も重要なものになるのはもちろん、必要経費に考えることのできるものも存在しているため、検討してみることが大事です。

必 要経費として考えることのできる出費の中でも、その事業を展開していくためのものには交通費が代表的なものになっています。例えば取引を行うために、その 場所へ足を運ばなければならなくなった際の電車代や車のガソリン代はもちろんのこと、現地に数日の間滞在しなくてはならなくなった際の宿泊費なども、交通 費として、確定申告の際には、必要経費に数えることができるようになります。

またその事業に関連することを調べ、より事業に役立てていきた いと考えて購入した書籍などの資料代も、必要経費に数えることができるようになっています。どのような出費が必要経費になるのかを知ることができれば、そ れだけ行為率良く資金調達を行っていくことができるようになるため、個人事業を行うためには重要な要素であることは言うまでもありません。

借金・借入ではない資金繰り方法


借金・借入ではない資金繰り方法がファクタリング

ファクタリングは、あなたの会社の売掛金を売って現金化することです。欧米では手形取引より一般的な資金繰り方法です。

ファクタリングとは? その仕組みと2社間3社間契約の違い

ファクタリング会社・業者の選び方と注意点

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

トップページへ

急な融資もOK!資金繰り向け事業者ローン 安心な3社

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!

実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 - 資金調達と融資・借入の基礎知識