事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2017年

【2017年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

*

余裕ある資金調達と早急な資金調達。低金利、コンビニ活用取引サービス、情報保護

   

余裕のある融資を受けられる

個人事業主は、昔から融資を利用するためには不利な条件が多い職業であるとされてきました。金融機関からの信用をより多く得ることができるのは、安 定した収入を持っている人であるからです。個人事業主の最大の利点は、その事業で成功することができれば、非常に大きな利益を出すことができるという点に あります。しかしそれは事業に成功することができなければ、利益を出すことができないということになります。それは金融機関が融資を行う相手に求めてい る、安定した収入を持っているということとは相反する要素であり、なかなか個人事業主が融資を受けるということは難しいのが現状です。

しか し近年では個人事業主向けに展開されている融資なども増えてきており、個人事業を展開していくための手段として、融資が利用されるというケースも非常に多 くなってきました。個人事業向けに展開している融資は、通常の融資とは異なる個人事業者が利用しやすい条件などを備えており、より利用しやすいものとなっ ています。

個人事業を展開していくためには非常に大きな資金が必要になることは言うまでもありません。特に店舗や機材などをそろえなくては ならない事業であればその金額は数百万円から数千万円に上ることもあります。個人事業向けの融資の中にはそういった大きな出費にも対応することのできる金 額を設定しているところも多く、余裕を持った資金展開を行うことができるだけの融資を利用することができるようになるのです。

個人事業向けの融資には様々な条件を備えたものがあるため、より個人事業を良い形で行っていくためには欠かせない要素を備えているのです。

 

早急な資金調達にも対応

個人事業を行っていく以上、機材の故障などのようなトラブルに見舞われることも少なくはありません。そういった時に早急な対応を行うことができるか どうかということも、個人事業主の資質であるといっても間違いではないでしょう。しかしトラブルに早急に対処することができるだけの能力がいくらあったと しても、資金に関することだけはどうすることもできないのが現状です。そういった時にすぐに使用することのできる金融機関や融資というものの存在は大変心 強いものとなります。

個人事業向けの融資は近年非常に多くの金融機関が展開しているものであり、かつては融資を利用することが難しかった 個 人事業主でも積極的に融資を利用することができる体制が整ってきました、それによって、個人事業主の状況に合わせた様々な融資の形式も展開されており、個 人事業主がより利用しやすい融資というものが展開されていくに至っています。

個人事業主向けの融資にはパソコンなどを使用したインター ネッ トによって24時間いつでも申し込みを行うことができ、すぐに対応をしてもらうことができるようになるという利点があります。前述のような急なトラブルに 対応するための資金繰りも、個人事業向けの融資を利用することによって、迅速な対応を行うことができるようになるのです。そのため個人事業向けの融資は、 個人事業を行う人にとってなくてはならないものになりつつあります。

そのほか返済の際にも提携している金融機関の口座を利用して返済を行うことができるなど、使いやすさを追求する面で、非常に優れた効果を持っているものです。

 

低金利で資金調達が可能

個人事業を行っていくということは、それだけ資金のやりくりが難しいものになるということを考えなくてはいけません。自分はもちろんのこと、自分の 起こした事業で働いている人の生活を支えていくためには、上手な資金の使い方ができているかどうかということは非常に重要な要素になることは言うまでもあ りません。個人事業の資金繰りの方法として、融資を利用するということがあります。昔に比べて個人事業主でも金融機関からの融資を利用することのできる機 会は増えてきました。しかし上手な利用をしていくためには、金利など様々な面に気を配らなくてはならないのです。

個人事業主向けの金融機関 の融資の中には、通常の融資と比較しても低金利で利用していくことが可能になる場合も多いため、契約を行う前に、その金融機関によってつけられる金利がど れくらいのものになるのかということも、考えておかなくてはならないのです。多くの場合、消費者金融などから借り入れを行うと、年間にして、18%の金利 が付く場合がほとんどです。しかし、個人事業向けの融資を利用する際には、18%以下の金利で利用することのできるケースも多く、非常に有効な利用が実現 していくことになります。

また最終的にどれくらいの金利の借入を行うことになるかによっても、金利は変化してくるものであるため、どれくらいの借入を行えば、資金を運用していくことができるのかを的確に判断していくことによって、個人事業もよりうまくいくようになります。

 

コンビニで資金繰りの取引

個人事業を行うということは、資金に関する心配が多くなるのと同時に、時間のやりくりも難しいものになってしまう傾向にあります。24時間体制で自 分の行っている事業に関することを考えることも多くなり、様々な状況に対応していくことができなくてはなりません。個人事業者向けに展開されている融資の 多くも、そういった時間に自由の利くシステムを採用しているところが多くなっています。

代表的な例でいえば、返済などをはじめとした各種の 取引を、コンビニなどを利用して行うことができるという点にあります。申し込みの際などにはインターネットを用いることによって、取引を行うことが可能に なります。しかし返済の時には、実際に資金を用いた取引を行わなくてはならないため、所定の場所で取引を行う必要があります。とはいっても金融機関の窓口 はもちろん、銀行のATMなども使用することのできる時間は限られたものとなります。そんな時に役立つのが24時間営業を展開しているコンビニでの手続き を行うことができる金融機関になります。

24時間いつでも取引を行うことができるということは、自分のライフスタイルに合わせた借り入れや 返済を行うことができるということで、自営業者にとっては非常に利用しやすい融資となることは間違いありません。自分の時間を見つけてそれを有効に活用す ることができる環境を作り出すことも、自営業者として行わなくてはならないものの一つとなり、それによってより効率のいい資金運用を可能としていくことが できます。

 

個人事業主の情報を保護

個人事業を行うということは、それだけ多くの情報を管理していかなくてはならないことになります。自分の行っている事業の経営状況はもちろんのこ と、ある程度の規模を持っている事業を行っている場合は、そこで働いている従業員の予定などもある程度把握していなくてはならないものです。そんな中で金 融機関からの融資を受けていたということは、自分の事業を行っていく上でも非常に重要な情報になることはいうまでもありません。それらの情報が外部に漏れ てしまうということは、事業を行っていく上で大きな損害になってしまうことは間違いありません。そのため個人事業を行う際に利用していく金融機関は、情報 の保護をしっかりと行ってくれるところを選ぶ必要があります。

例えば金融機関との融資取引などを行った際には、本来さまざまな取引内容を記 した書類や明細などが発行されることになります。そういった書類は基本的に郵送という手順で手元に届けられるようになるため、多くの人の目に触れる機会が 存在します。しかしそういった取引をインターネットを介してデータによって取引を行うことによって、最小限の人の手を会することで、取引を行うことができ るようになります。インターネットであれば送信される情報は独自の暗号化などがなされることになるため、安全性は郵送の時よりも飛躍的に高まることになり ます。

またデータによる取引であれば、書類の紛失などの可能性もなくなり、より安全な取引が実現していくことになります。安心して個人事業を行っていくためには、自分が管理するべき情報に関しても、考えなくてはならないケースが存在します。

 

個人事業主向けの多くのサービス

個人事業を行っていくためには、様々な問題点が発生することや、状況に合わせたサービスを行ってくれるものの存在が非常に重要なものになります。い ろいろな機関の力を借りて、はじめて充実した個人事業を成し遂げることができるようになるのです。融資を行ってくれる金融機関の存在も、個人事業を成し遂 げるために借りるべき手助けの一つであり、有効に利用していくことができれば、従来の何倍もの効率で個人事業を成功へと導くことができるようになるので す。

また金融機関の融資の中には、その融資を利用している相手に対して、様々なサービスを展開しているところも存在しており、個人事業を行っていく上での強い味方となってくれることは間違いありません。

代 表的なサービスとしては、各地のビジネスホテルなどの料金を格安で利用することのできるサービスなどがあります。個人事業の業種によっては各地に出張など をする機会なども大変多くなるため、ビジネスホテルなどを格安で利用することのできるサービスなどは、欠かせないものになっていくのです。

そ のほかにも、レンタカーやゴルフ場などのような、その金融機関が行っている系列の事業を中心として、様々な個人事業を行っていく上で重要な役割を担うサー ビスを受けることが可能になっています。そうした多くのサービスを展開している金融機関からの融資を利用することによって、資金面だけではなく様々な方面 からの支援を受けることができるようになり、個人事業をより充実させていくことができるようになるのです。

借金・借入ではない資金繰り方法


借金・借入ではない資金繰り方法がファクタリング

ファクタリングは、あなたの会社の売掛金を売って現金化することです。欧米では手形取引より一般的な資金繰り方法です。

ファクタリングとは? その仕組みと2社間3社間契約の違い

ファクタリング会社・業者の選び方と注意点

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

トップページへ

急な融資もOK!資金繰り向け事業者ローン 安心な3社

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!

実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 - 資金調達と融資・借入の基礎知識