事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2017年

【2017年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

*

個人事業主の融資・借入・資金調達・資金繰り(固定ページからトップ掲載中)

   

個人事業主が金融機関からの融資を受ける際には、様々な面で不利な立場に立たされることが多いものです。金融機関が融資を行う相手に望む条件の中でも最も大きなものは、安定した収入を得ており、確実に期日までの返済を可能とすることであるからです。

個人事業主の仕事の特徴として、今は大きな金額の収入を得ることができたとしても、それが数か月後、数年後まで続いているという保証は存在しないという点にあります。

そのため長期にわたって安定した給与を受け取ることのできる正社員や公務員というような立場の人と比較して、個人事業者が融資を受けようとするとどうしても見劣りしてしまうものです。

それにもかかわらず、個人事業主にとって資金繰りというものは非常に重要なものとなるのです。まず個人事業主が自分の事業を始めるためにも、多くの費用が必要になることは間違いありません。

事業内容にもよりますが、作業のための機械をそろえる必要があるような事業であれば、それだけで数千万という開業資金を必要としてしまいます。

そのほかにも飲食店などを経営しようと考えると店舗をそろえることはもちろん、調理や接客を行うためのスペースを確保するためにまた大きな資金が必要になります。そのため資金調達や資金繰りというものが、個人事業主にとって非常に重要なものになっていきます。

融資や借入を利用する上でどうしても不利な立場になってしまう個人事業主ですが、近年では個人事業主であっても利用することのできる融資なども存在しており、個人事業主が融資を利用しにくいという状況は少しずつ改善されていっています。

業態によっては個人事業主向けのサービスを多く展開しているなど、より利用しやすい融資が多数展開されるようになっていますので、どのような融資が存在しているのかを知ることによって、個人事業主が使用することのできる借入がより効率よく行うことができるようになり、より利益の高い資金繰りが実現していくことになるのではないでしょうか。

個人事業主の融資・借入・資金調達・資金繰り 30項目

個人事業主に必要な融資

・資金調達が必要になる個人事業
・個人事業主が融資を利用しにくいのはなぜか
・個人事業主が利用できる借り入れ
・どのような点で個人事業主は資金調達が必要か
・資金調達によって支払う経費
・事業をより良いものにするための資金調達

事業を始めるために有効な資金調達法は

・知人や親族からの借入
・個人投資家をからの借入
・国民政策金融公庫の融資を受ける
・信用保証協会の融資を受ける
・人気の資金繰り方法であるベンチャーキャピタル
・助成金や補助金で資金調達

個人事業を続けていくための資金繰り

・交渉によって資金調達
・売掛金を早期に回収して資金繰り
・前払い金も資金調達の手段
・資産の売却による資金繰り
・融資ばかりが個人事業主の資金調達ではない
・個人事業主の経営規模で変わる資金繰り

個人事業主向けの融資の特徴

・余裕のある融資を受けられる
・早急な資金調達にも対応
・低金利で資金調達が可能
・コンビニで資金繰りの取引
・個人事業主の情報を保護
・個人事業主向けの多くのサービス

人気のある個人事業主向けの融資

・オリックス銀行からの借入
・イオン銀行からの借入
・プロミスの個人事業主向け融資
・モビットの個人事業主向け融資
・三井住友カードで資金調達
・オリコカードで資金調達

借金・借入ではない資金繰り方法


借金・借入ではない資金繰り方法がファクタリング

ファクタリングは、あなたの会社の売掛金を売って現金化することです。欧米では手形取引より一般的な資金繰り方法です。

ファクタリングとは? その仕組みと2社間3社間契約の違い

ファクタリング会社・業者の選び方と注意点

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

トップページへ

急な融資もOK!資金繰り向け事業者ローン 安心な3社

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!

実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 - 資金調達と融資・借入の基礎知識