事業資金融資 即日至急!借入が甘いのは銀行よりノンバンク/鉄道事業ウオッチも

事業資金 融資借入 即日至急ガイド

事業資金の融資借入と審査

法人経営者向けビジネスローンの審査

更新日:

ビジネスローンというのは、中小企業・自営業・個人事業主を対象としている小口・短期のローン商品になります。会社を経営されている方にとっては資金繰りで困られた時には、ビジネスローンを利用される方というのも増えてきています。

ノンバングが中心としていたローンだったのですが、今現在では銀行でもビジネスローンを取り扱っていますので検討されてみては如何でしょうか。ビジネスカードローンと言ったローン商品も出来ており、何時でも限度額までなら利用出来る商品もあります。

ビジネスローンの大きなメリットは融資までがスピーディーだということが挙げられます。法人経営者向けのビジネスローンなどでは、最短で即日に審査を行い融資をして貰える所もあります。このように1日でも早く資金が欲しい経営者の方にとっては、大きなメリットと感じられるのではないでしょうか。

それ以外にも、必要な書類が少ないというのもポイントです。公的機関で融資を受ける為には、様々な書類を用意しなければいけません。ビジネスローンであれば、必要な書類も少なくて済みますので、直ぐに申込を行えます。

そして審査のハードルが低く、通過率に関しても公的機関の融資よりも高いです。審査に対して不安を感じられている人にとっては、審査のハードルが低いというのもメリットとなるでしょう。

ビジネスローンの申込を行う時に必要な書類は、本人確認証、決算書(原則2期分)です。本人確認証というのは、運転免許証やパスポート、健康保険証になります。

決算書というのは経営の状況を確認するために必要な書類です。これもビジネスローンによって違いがありますが、1期分で問題がない可能性もあります。原則としては2期分必要になるケースが多いので、事前に用意しておくと申込もスムーズに進みます。

ビジネスローンでは保証人は必要ありません。日本政策金融公庫などを利用する時には、保証人が必要になるケースもあるのでせうがビジネスローンでは保証人は不要です。法人としてビジネスローンを利用するということになると、返済は会社が行っていくという形になります。

もしも会社が倒産してしまい、返済が出来なくなってしまった場合には保証人を立てて居ない時に誰が行うのかという疑問が残ります。これに関しては、法人経営者である本人が返済の義務を負うという形になっています。

審査は他の公的機関に比べるとハードルは低くなっていますが、必ずしも通過するわけではありません。ビジネスローンの審査ではどのようなポイントをチェックされるのかは事前に知っておくと良いです。

業歴の長さ、税金の滞納・未納、債務超過に陥っていないか、利益が出ているのか、売上の伸びしろがあるのかなどのポイントをチェックしていきます。

業歴の長さに関しては、長ければ長いほどポイントは高くなります。税金の滞納などをしている時には、審査の評価は下がってしまいます。経営が切迫していると見なされてしまいますが、税金の未納や滞納だけで審査を通過出来ないというわけではありません。

社長経営者の<急ぎ 至急>資金繰りにノンバンク事業者カードローン

-事業資金の融資借入と審査

Copyright© 事業資金 融資借入 即日至急ガイド , 2019 All Rights Reserved.