事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2017年

【2017年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

*

大幅増益!掛け捨て生命保険で節税と資産の先送り方法ができる!?

      2016/10/01

ヒット商品や時流に乗ったビジネスの展開により、ここ数年の利益が大きく見込めるような時には、ある程度の税金払込も覚悟しなくてはなりません。
もちろん、大きな社会貢献ができるわけですから誇らしいことでもあります。

しかし、本音を言えば、賢く節税をして利益を先送りすることができれば、将来の経営にも安心を繋ぐことができますし、自身で受け取ることができる方法があればそれに越したことはありません。

「そんな夢みたいなことができるのか?」というと生命保険をうまく利用すれば可能です。
少し特別な生命保険商品を使って利益を思い切って圧縮する方法を少し、ご紹介します。

そのように大きな利益を一定額圧縮する必要な時は、短期間で払込をすることで毎年の利益圧縮の効果を出し、且つ後の解約返戻金により利益の先送りを十分に期待することが可能になります。

全額損金処理ができる商品とは異なるために、キャッシュフローから見たメリットは薄くなりますが、金額の面で大きな利益圧縮は期待できるので、効果的な含み資産形成(解約返戻金)が期待できるのです。

簿外利益は、会社経営の波をうまく調整するために、契約者貸付などの方法で資金繰りとして活用することができ、万一の際の損失補てんにも役に立ちます。

今回紹介している逓増定期保険では、短期間での支払いと解約返戻金の上昇に期待を持たせるので、経営者の退職金目的といった使い方ではなく、経営者として在職期間中に、利益を受け取る事が可能になります。

尚、この逓増定期保険を利用する際には、できるだけ解約返戻金が支払保険料を上回るポイントを見つけて、効果的に利用することが重要です。
つまり、数社から十数社の生命保険商品の中から、最も返戻率の高い商品を選ぶことが大切です。

例え、実質保険料などで支払保険料に対して95%程度の解約返戻率であっても、既に支払われた保険料の2分の1は損金として処理され、節税効果を果たしている、と言うことは、一部事実では在っても机上の空論に近い話になるので注意が必要です。

実際の手続きでは、保険会社によって保険商品の違いや解約返戻金の良い時期などに大きな差が見られるため、詳細な検討と組み合わせが必要になります。

又、被保険者と成っている経営者が万一の場合には、その保険としての効果は絶大で大きな保険金支払いにより経営の危機を救う大きな一助となることでしょう。

こうした保険対策は、企業専門で取り組むファイナンシャル・プランナー、税理士の手によってより高い効果を生むことが可能です。
高度な対策が可能なファイナンシャル・プランナーと税理士にご相談下さい。

借金・借入ではない資金繰り方法


借金・借入ではない資金繰り方法がファクタリング

ファクタリングは、あなたの会社の売掛金を売って現金化することです。欧米では手形取引より一般的な資金繰り方法です。

ファクタリングとは? その仕組みと2社間3社間契約の違い

ファクタリング会社・業者の選び方と注意点

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

トップページへ

急な融資もOK!資金繰り向け事業者ローン 安心な3社

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!

実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 - リスクマネジメントと保険