事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2017年

【2017年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

*

個人事業主の融資・借入・資金調達・資金繰り/個人事業主で借りるカードローン/運転資金繰り借入 ●旧個人事業主カードローンtop

      2017/11/04

&個人事業主はローンを利用しにくい?(トップへ)

事業資金として使うならビジネスローン。個人の生活費目的ならカードローン。

個人事業主のためのカードローン

個人事業主のためのカードローンを、各消費者金融や銀行が提供しています。これは、一般的なカードローンとどのように違うのでしょうか? それは「総量規制の対象になるかどうか」という点です。

「借金の総量規制」というのは、個人の借入総額を「年収の3分の1まで」に制限するものです。2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行されたために、現在はこの総量規制を超えての借入は原則としてできないことになっています。ただし、個人事業主のためのカードローンというのは、総量規制の対象外となる場合があります。総量規制の対象外と認められるためには、ある要件を満たさなければなりません。

各社によって微妙に条件がことなるのですが、おおむね「確定申告書の提出」「事業計画、収支計画、資金計画についての書類の提出があること」「個人の返済能力を超えない範囲での借入れであること」といった要件を満たすことで、年収の3分の1を超える借入も可能になるというのが、個人事業主のためのカードローンなのです。

消費者金融各社が、「事業計画、収支計画、資金計画についての書類」のひな形を、インターネット上で公開しています。かなり細部まで突っ込んで聞かれる会社と、そうではない会社があります。いきなりカードローンの申し込みをするのではなく、これらの書類に記入する内容をしっかり考えてから、申し込みをするといいですね。事前準備をしっかりしておけば、審査などはスピーディに行ってもらえます。

個人事業主が消費者金融を利用するなら

消費者金融からの個人の借入は「借金の総量規制」の対象になります。しかし、個人事業主の借入については、一定の要件を満たせば、借金の総量規制の対象とはならず、年収の3分の1を超えても借入をすることが可能です。

個人事業主の方なら、取引先からの入金が遅れたり、休日などの関係で集金がずれるといった理由で「短期間だけ資金が必要」ということが起こった経験も、多々あるのではないでしょうか? もちろん、取引先の経営状態や、休日の関係などを見越して、資金繰りを考えておけるのが理想ですが、実際に目の前の資金繰りを何とかしなければならないときには、過去の反省をしている場合ではありません。

そのような場合に、個人事業主が利用しやすいのは「審査が早い」「できるだけ早く融資が受けられる」「ATM・CD機が数多くある」といった消費者金融でしょう。個人事業主にとって注意が必要なのは「審査自体は早いけれど、書類の記入に時間がかかることがある」という点です。事業計画、終始計画、資金計画などについての書類を、記入しなければならないことがあります。

銀行系の消費者金融は、初心者でも安心して利用ができるのですが、審査のために用意しなければならない書類は多いです。逆に言えば、事前に書類を用意してさえおけば、スピーディに審査・融資が受けられるということです。個人事業主としては、資金繰りがうまくいってる時点から、「もしも」に備えての準備をしておくと、いいかもしれません。

個人事業主の事業者ローン

個人事業主は「プライベートで利用するローン」「事業性資金として利用するためのローン」があいまいだったのですが2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行されたことで、区別がしっかりと行われることになりました。借金の総量規制で「個人」の借入は、年収の3分の1までに規制がされることになりました。しかし、個人事業主としての事業者ローンの借入は、一定の要件を満たすことで、年収の3分の1を超えてもできる、というケースがあります。

消費者金融は、個人事業主の事業者ローンを発売しており、「確定申告書の提出」「事業計画、収支計画、資金計画についての書類の提出」「個人の返済能力を超えない範囲での借入れであること」などの要件を満たすことで、年収の3分の1を超える借入も可能にしているケースが多いです。

また、銀行からの借入は借金の総量規制の対象にならないため、銀行が提供する個人事業者の事業者ローンならば利用が可能なケースもあります。銀行系の事業者ローンは、低金利で融資限度額も大きいということが多いものです。ただ、審査に時間がかかることが多いので、「明日までに資金が必要」というときには、銀行系の利用は向いていません。一方で、消費者金融の事業者ローンならば、審査スピードが早いことや、提出の必要な書類も銀行系より簡単で、インターネット等で提出するだけでも大丈夫、というメリットがあります。必要に応じて使い分けていく必要がありますね。

個人事業主をしていれば「急に、短期間だけ資金が必要になる」ということはあります。審査に必要な書類を事前に準備しておく、カードを作っておくというのも、良いかもしれませんね。

個人事業主の融資・借入・資金調達・資金繰り

個人事業主が金融機関からの融資を受ける際には、様々な面で不利な立場に立たされることが多いものです。金融機関が融資を行う相手に望む条件の中でも最も大きなものは、安定した収入を得ており、確実に期日までの返済を可能とすることであるからです。
個人事業主の仕事の特徴として、今は大きな金額の収入を得ることができたとしても、それが数か月後、数年後まで続いているという保証は存在しないという点にあります。
そのため長期にわたって安定した給与を受け取ることのできる正社員や公務員というような立場の人と比較して、個人事業者が融資を受けようとするとどうしても見劣りしてしまうものです。
それにもかかわらず、個人事業主にとって資金繰りというものは非常に重要なものとなるのです。まず個人事業主が自分の事業を始めるためにも、多くの費用が必要になることは間違いありません。
事業内容にもよりますが、作業のための機械をそろえる必要があるような事業であれば、それだけで数千万という開業資金を必要としてしまいます。
そのほかにも飲食店などを経営しようと考えると店舗をそろえることはもちろん、調理や接客を行うためのスペースを確保するためにまた大きな資金が必要になります。そのため資金調達や資金繰りというものが、個人事業主にとって非常に重要なものになっていきます。
融資や借入を利用する上でどうしても不利な立場になってしまう個人事業主ですが、近年では個人事業主であっても利用することのできる融資なども存在しており、個人事業主が融資を利用しにくいという状況は少しずつ改善されていっています。
業態によっては個人事業主向けのサービスを多く展開しているなど、より利用しやすい融資が多数展開されるようになっていますので、どのような融資が存在しているのかを知ることによって、個人事業主が使用することのできる借入がより効率よく行うことができるようになり、より利益の高い資金繰りが実現していくことになるのではないでしょうか。
個人事業主の融資・借入・資金調達・資金繰り 24項目
個人事業主に必要な融資

・資金調達が必要になる個人事業
・個人事業主が融資を利用しにくいのはなぜか
・個人事業主が利用できる借り入れ
・どのような点で個人事業主は資金調達が必要か
・資金調達によって支払う経費
・事業をより良いものにするための資金調達
事業を始めるために有効な資金調達法は

・知人や親族からの借入
・個人投資家をからの借入
・国民政策金融公庫の融資を受ける
・信用保証協会の融資を受ける
・人気の資金繰り方法であるベンチャーキャピタル
・助成金や補助金で資金調達
個人事業を続けていくための資金繰り

・交渉によって資金調達
・売掛金を早期に回収して資金繰り
・前払い金も資金調達の手段
・資産の売却による資金繰り
・融資ばかりが個人事業主の資金調達ではない
・個人事業主の経営規模で変わる資金繰り
個人事業主向けの融資の特徴

・余裕のある融資を受けられる
・早急な資金調達にも対応
・低金利で資金調達が可能
・コンビニで資金繰りの取引
・個人事業主の情報を保護
・個人事業主向けの多くのサービス
人気のある個人事業主向けの融資

個人向けのローンの話↓

個人事業主はローンを利用しにくい?

住宅購入や教育費など、人生において大きな費用が必要になる機会というものは何度かあるものではないでしょうか、その時にそれを果たすことが出来るだけの金額をきちんと持ち合わせていることができるかどうかと言われれば、それほどの大金を用意することができないとする人の方が多いものではないでしょうか。
そんな時に利用されることになるのが、ローンという制度です、ローンには様々な目的によって利用しやすく設定されているものであり、多くの人が目的に合わせて、様々なローンを利用することになっています。その中でも最も利用される機会の多いものがカードローンではないでしょうか。カードローンは保証人も必要としないほか、ローンによって受けた融資資金をどのような目的で使用することになるのかを明言しなくてもいいというメリットが存在しており、数あるローンの中でも使用しやすいローンであると考えられています。
しかしどのような人であってもローンを利用できるというわけではありません、きちんと返済を行うことのできるだけの能力を持っている人にのみ、カードローンをはじめとした各種のローンを使用することのできる権利が与えられることになります。そんな中で長きにわたってローンを借りにくいとされてきたのが個人事業主、所謂自営で事業などを行っている人たちです、こういった個人事業主は、収入の金額が安定しないと考えられているなどの理由から、ローンを利用するうえで不利な要素として扱われることが多いとされています。
しかし近年では、個人事業者向けのローンが展開されているなど、以前ほど個人事業者のローン利用も難しいものではなくなってきました。

過去3年分の収入

以前よりはそれほど偏見を持たれることも少なくなったものの、個人事業主はローンを利用するうえで不利に働いてしまうということは、未だに言われていることです。では個人事業主はなぜローンなどを利用するうえで不利に働いてしまうことが多いのでしょうか。最も大きな理由は、やはり個人事業主は収入が安定しないものであると思われがちなところにあると考えられています。通常のサラリーマンであれば、会社の業績などにかかわらず、毎月決まった金額を給料として受け取ることができますが個人事業主となると、自身の収入が経営している会社などの業績と直結するものとなるために、決まった金額を返済していくうえで不利であると考えられてしまいます。
それでも返済能力があるということを証明するために、個人事業主がローンを利用する際には、過去3年分の収入金額を提示する必要があります。収入金額は確定申告などの様々な書類が必要になるために、それらを集めることだけでも大変な手間になってしまうために、そう言った特別な書類を用意することを求められることも、個人事業主がローンを利用することが難しいと考えられる要因の一つとされています。
個人事業主と一言で言っても、ローンを十分に返済することのできる能力を持った人から、なかなか業績が伴わずに、ローンを組んだとしたら返済できないと思われる人まで、様々です。そのために収入の提示などの方法が必要になる場面も多くなります。そう言った書類によって、自身の返済能力が判断される要因を提示していく必要が出てくることになります。

返済能力の証明

個人事業主はローンなどの金融サービスを受ける時に不利に働くことが多いとされていますが、それは個人事業主という職業そのものが敬遠されているというわけではありません。大切なことは、金融サービスを受けた際にその金額を利息を含めて返済することのできるだけの経済力を有しているかどうかということになります。会社から定期的に決まった給料を受け取ることのできるサラリーマンと違って、個人事業主は、会社の業績によって収入が大きく変化する可能性があるために、ローンの返済などのような、長期にわたっての定期的な出費には向いていないと考えられる傾向にあります。
また仮に長期にわたりローンを返済していくことができるだけの能力があったとしても、源泉徴収票などの形で自身の収入を明確にしてあるサラリーマンと違い、個人事業主は、自ら確定申告などを行うことによって、自身の収入を明確なものとしていかなくてはなりません、そういった点も、個人事業主がローンを利用しにくい要因の一つとして取り上げられています。
個人事業主が自身の返済能力を証明するためには、非常に多くの工程が必要になるほか、金融機関側からの信頼を得ること自体が難しいものとして考えられています。例えば個人事業主がローンを利用するために欠かせないものとなっている過去3年分の収入の証明も、設立してから3年にみたない事業の個人事業主であった場合に、その証明を行うこと自体が不可能なものとなってしまうために、前職からの職歴などのような特殊な判断基準が設けられることになります。

借りやすいローンを選ぶ

基本的に個人事業主がローンを組む場合には、過去3年分の収入を証明する必要があるなど、通常金融機関からローンを組む場合以上に多くの工程が必要になり、審査が通りにくいものとして考えられています。しかし近年ではそう言った職業による規制も緩和されてきている傾向に有り、ローンの中でも使用される機会の多いものとして扱われているカードローンなどを中心として、個人事業主にも利用しやすい環境が整えられつつあります。そればかりではなく、一部のローンでは個人事業主向けのサービスを積極的に展開しているローンも存在しています。
個人事業向けのローンの中でも、特に多くの人に知られているものとして、住宅ローンの一つであるフラット35というものがあります。フラット35は書類上の審査などが存在していることは他のローンと変わりありませんが、書類上の審査が通れば、他のローン以上の好条件で個人事業主も住宅ローンを組むことのできるという大変優れた制度になっています。
フラット35が国によって運営されている個人事業主向けの住宅ローンサービスであるのに対して、各民間企業が行っているカードローンや住宅ローンなども国営のものに勝とも劣らない性質を持っているものとなっています。民間企業の金融機関の優れている点としては、審査のために用いられる書類の数が、国営のものよりも少ない傾向にあるということではないでしょうか。ただでさえ必要な書類が多くなる個人事業主のローン利用の際に、こういったことが行われるのは大変ありがたいことではないでしょうか。
自分の立場から、より利用しやすいシステムを持っているローンを見つけるということも、大変重要なことであることは間違いありません。

借金・借入ではない資金繰り方法


借金・借入ではない資金繰り方法がファクタリング

ファクタリングは、あなたの会社の売掛金を売って現金化することです。欧米では手形取引より一般的な資金繰り方法です。

ファクタリングとは? その仕組みと2社間3社間契約の違い

ファクタリング会社・業者の選び方と注意点

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

トップページへ

急な融資もOK!資金繰り向け事業者ローン 安心な3社

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!

実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 - 個人事業主の融資とローン審査の基礎知識