事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2017年

【2017年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

*

個人事業主の審査。収入、住居、信用情報

   

収入

カードローンが見ず知らずの人にお金を貸すという業種である以上、利用する人の個人情報を確実に知っておく必要があります。それと同時にその融資した金額を確実に返済するだけの能力が備わっているかどうかという事も知らなくてはなりません。そう言ったことからカードローンを利用する以上、審査という名目で様々な情報を提示しなくてはならなくなります。審査を行うことによって、その人の個人情報はもちろんのこと、期日までの返済を可能にしているかどうかを知ることができます。
カードローンなどの融資を行う上でまずほとんどの業者が知らなくてはならないものに指定しているものが、その人の収入になります。単純に多くの収入を得ている人であれば、融資を受けた金額の返済も、滞りなく行うことができるのは間違いありません。また収入と一言で言っても、単純に受け取っている給料の金額ばかりではなく、どのような職業であるか、雇用形態はどのような形であるか、どれくらいの勤続年数を持っているかなども合わせて判断されることになります。たとえ受け取っている金額が多かったとしても、それらの条件によっては、長きに渡る返済の中で、受け取ることのできる給料の金額が変化する可能性も否定できないためです。
カードローンなどを返済していくためには、多くの給料を受け取っていることよりも、安定した給料を長い期間で取得していることのほうが、有利に働くものであると考えられています。そのためにカードローンの審査を受ける上で、個人事業主よりも、サラリーマンの方が有利に働くことが多くなってしまいます。

住居

カードローンなどの金融機関との契約の上で、最もあってはならないものが返済が滞ってしまうばかりか、お金を貸した人の所在がわからなくなってしまうということです。そのためにカードローンを利用する前の段階として行われる審査において、その人の所在をはっきりとさせておくということが特に重要視されることになります。所在がわからない人にお金を貸してしまうと、返済の上でも支障が出てしまうことに間違いはありません。
カードローンの審査において所在をはっきりとさせるということは、一般的にその人の所在を明らかにするために使用される住所のみを伝えればいいというものではありません。住所はもちろんのこと、氏名や年齢も最低限必要なものとして捉えられ、それらの情報によってその人の所在をはっきりとさせることができるようになります。
また住居の確認をすることは、所在をはっきりとさせること以外にも、その人の経済状況を知る上でも一つの目安となることがあります。住居の築年数や居住形態はその人が普段どのような生活をしているのかを表す一つの目安になることでしょう。例えば賃貸住宅に住んでいる場合、その家の家賃がどの程度のものであるかということは、生活水準を見る上で役に立つことは間違いなく、年収と合わせることによって、その人の経済状況がより確かなものとして捉えることが出来るでしょう。
他にも同居人がいた場合、万が一の場合の保障を依頼することができるようになるなど、様々な観点から、カードローンの審査基準の一つとして、住居に関する事柄が使用されることになります。

信用情報

いくらその人の素性がはっきりとしたものであり、なおかつ返済を行うことが出来るだけの収入があったとしても、実際に返済を行ってくれる人かどうかを完全に判断することはできません、その人自身がローンを利用することに対してどのような意識を持っているかということが、ローンによる資金を返済していく上では最も重要な情報なのではないでしょうか。そのためにカードローンのための審査では、かつてその人が、ローンに対してどのように返済を行ってきたかという情報も、収入などと同じように判断材料として利用されることになります。
こういった過去のローン利用履歴を調べることによって、その人がきちんと返済を行うことができる人物であるかどうかをより明確なものとして判断することができるようになります。また信用情報ばかりではなく、年齢や家族構成などもローンの返済が出来るかどうかを判断するうえで重要な情報となるために、審査の際に問われることがあります。そのために意外なことかもしれませんが、過去にローンを利用したことがない人というものは、信用情報の面では判断がつきにくいということもあり、以前何度かローンを利用した事が有り、その度にきちんと返済を行ってきたという人の方が、信用情報の上では評価が高いものとして扱われます。
そのほか会社務めをしている人であれば、在宅確認などが行われ、その人の信用情報を判断するためにより確実な情報として利用されることになります。ローンを利用するためには、業者からの信頼が何よりも重要になります。そのために信用情報は虚偽の内容に報告することが鉄則となります。

 

計画性を持って審査に望む

カードローンを利用するためには、審査という名目でお金を借りていく人の様々な資質が問われることになります。収入や住居の様子はもちろんのこと、過去にどのようなカードローンを利用しており、その返済状況はどのようなものだったかなどの信用情報まで、入念に調べられることになります。こういった様々な判断材料によってその人が果たしてお金を貸すことのできる人物であるかどうかを業者側は判断することになります。
しかし自分のローンを利用できるかどうかの情報というものは、ある程度は自分の心がけによって良いものにできるものではないでしょうか、ローンをきちんと返済していけば信用情報もより良いものになっていくことが代表的な例なのは言うまでもありません。
そのように返済をしっかりと行い信用情報をより良いものにしていくために最も重要なことは、計画性を持ってローンを利用していくということではないでしょうか。自分の収入がいくらで、ローンを利用したことによってどのように返済していくかというプランをしっかりと立てることができ、なおかつそれを忠実に行っていくことができれば、返済で困るという可能性も減ってきます。そう言った計画を立てるうえでもっともやってはいけないことが、複数の業者の審査を同時に受けるということであるとされています。同時にどこかの審査を受けているかどうかは、審査の段階でほぼ確実に問われるものであり、多くの業者からローンを組もうとしている人はそれだけお金に余裕のない人であるという判断が下され、審査が不利に働くことになります。

 

審査は何故必要か

個人事業主をはじめとしたどのような職業の人であっても、カードローンを利用する以上審査を受けることは避けて通れないものとなっています。この審査に合格することができなくては、カードローンを利用することはかなわなくなってしまいます。そのためにカードローンを利用しようと考えている全ての人は、何のために審査が行われ、またどのような内容を審査されているのかを知っておかなくてはなりません。
カードローンをはじめとした、ローンサービスというものは、業者側にとってたいへん大きなリスクを負うサービスであると考えることができます。誰でもお金を人に貸すとなった際には、そのお金が帰ってくるかどうか不安になるものではないでしょうか。自分のよく知っている親しい間柄であればいざ知らず、見ず知らずの人にお金を貸すとなれば、その不安はより大きなものとなることは間違いないでしょう。そう言ったことを日常的に行うのがカードローンをはじめとした各種のローンなのです。そのためにローンを行っている業者は、ローンによる融資を行う前に本当にその人がローンを返済できるだけの能力を持っている人であるかどうかはもちろんのこと、連絡先などの個人情報を知っておく必要があります。こういった個人情報を提示することは、ローンと言う契約を行う上で想法に課せられた義務であるとも言えます。
ローンをはじめとしたお金のやりとりでは必ずと言っていいほどトラブルが起こるものです。そのために事前に様々な個人情報を提示してもらい、本当に信用のおける人にのみ融資を行うことによって、これらのトラブルを未然に防ぐことが、カードローンの審査の果たす効果ではないでしょうか。

 

借金・借入ではない資金繰り方法


借金・借入ではない資金繰り方法がファクタリング

ファクタリングは、あなたの会社の売掛金を売って現金化することです。欧米では手形取引より一般的な資金繰り方法です。

ファクタリングとは? その仕組みと2社間3社間契約の違い

ファクタリング会社・業者の選び方と注意点

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

トップページへ

急な融資もOK!資金繰り向け事業者ローン 安心な3社

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!

実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 - 個人事業主の融資とローン審査の基礎知識