事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2017年

【2017年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

*

総量規制外対象ローンと総量規制とは?

   

総量規制外対象ローン

近年カードローンをはじめとした各種の金融機関が、相次ぐトラブルに見舞われていることから、法律によって金融機関や金融機関を利用した顧客のあいだで起こりうるトラブルを未然に防止するための措置として総量規制という法律が設けられるようになりました。総量規制というものは、自分の返済可能な金額以上の金額を釈入してしまったがために起こることになるトラブルを防止するための働きを有しているものであり、金融機関を利用する人の年収などを計算した上で、どれだけの金額を融資することができるかの上限を定めるというものです。総量規制の設立によって、カードローンをはじめとする多くの金融機関の金銭トラブルは起こらなくなりました、しかし総量規制が始まる前は受けることのできた融資が、総量規制によって受けることができなくなってしまうという事も各地で起こっています。
総量規制というものは、キャッシングやカードローンなどによって借りることのできる金額の合計が、その人の年収の三分の一までに止められるというものであり、それ以上のカードローンなどを利用することが不可能になってしまうということです。年収に見合った金額でローンを組むことができるということはたいへん理想的なものではあります。総量規制によって不利に働いてしまうのは、自分の収入がほとんど存在しない主婦や学生になります。そう言った人におすすめのカードローンとして、総量規制対象外ローンというものが存在しますが、通常のローンとは違った手続きが必要になります。

総量規制外対象ローンを組む

総量規制が定められたことによって、個人事業主をはじめとした多くの人が、カードローンを利用することがより難しくなってしまいました。確かに総量規制が出来たことによって、返済可能な金額を超えてローンを利用してしまう人は減少し、今まで発生していた多くの金銭トラブルを事前に回避することができるようになりました。しかしカードローンそのものが利用することが難しくなってしまうという新たな問題も発生するようになりました。そのために個人事業主などの一部の人のあいだで使用される機会が多くなったのが総量規制外対象ローンと言われる特殊なローンの形式となっています。
総量規制外対象ローンというのは、その名が示す通り、総量規制外の枠を超えて利用することができるカードローンの形式です。総量規制によって様々な規制を受けてしまう個人事業主が利用できるカードローンの中でも総量規制外対象ローンは、大変優れたものとして、多くの人に利用されています。
しかし総量規制外対象ローンは、誰にでも使用できるものではありません、例えば個人事業主が総量規制外対象ローンを利用しようとした場合、確定申告を行っていることが最初の条件として挙げられます。そして確定申告を行った上で一定の条件を満たしている人が、総量規制外対象ローンを受けることができるようになります。
総量規制外対象ローンを利用するためには、業者によって差異はあるものの、概ね本人確認のための書類と2年分の確定申告を提出することによって、利用することができるようになると言われています。

 

総量規制とは

カードローンなどはお金に関するやりとりを行うものであるために、多くのトラブルが起こるものでした。そう言ったトラブルを未然に防ぐために様々な法律が新たに作られることになりました、そう言った法律のおかげで多くの人がより安心して融資を利用することができる環境が整ったと言われています。しかしそう言った法律が存在している故に、カードローンが利用しにくいものになってしまったという例もないわけではありません。そう言った融資に関する法律の中のひとつに総量規制があります。
総量規制によって定められている最も大きなことは、ある人がカードローンなどの融資を利用しようとした場合、融資を受けることのできる金額の上限をその人の年収の三分の一以下に限定するというものです。つまり新たにカードローンを利用した場合でも、先に別の金融機関などでカードローンを利用していた場合などに、両者の合計金額が年収の三分の一を超えてしまった場合、新たにカードローンを利用することができなくなってしまうということにあります。
しかし多くの人、とりわけ個人事業主は、自分のことだけでなく自分が経営している事業のためにお金が必要になるケースも当然存在しています。そんな時にカードローンを利用しようとして、年収の三分の一以下の金額しか融資してもらえないとなると、当然カードローンを利用する機会は少なくなってしまうものです。
そのために確定申告によって特別な条件を備えている人に対して行われる総量規制外対象ローンと言われるカードローンも展開されており、個人事業主のあいだではこちらが使用される機会が多いようです。

借金・借入ではない資金繰り方法


借金・借入ではない資金繰り方法がファクタリング

ファクタリングは、あなたの会社の売掛金を売って現金化することです。欧米では手形取引より一般的な資金繰り方法です。

ファクタリングとは? その仕組みと2社間3社間契約の違い

ファクタリング会社・業者の選び方と注意点

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

トップページへ

急な融資もOK!資金繰り向け事業者ローン 安心な3社

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!

実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 - 個人事業主の融資とローン審査の基礎知識