事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2016年

【2016年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

*

ノンバンクの融資で運転資金調達。資金繰りの注意点

      2016/09/25

運転資金融資はノンバンクを上手に活用する

事業をしっかりと推し進めていくためには、ある程度余裕のある資金計画が必要になります。いつ、どの程度の運転資金が必要になるのか、設備投資にはいつ頃手をつけるのか、また場合によっては突然つなぎ資金が必要になる場合もあるでしょう。

このようなことまで見越して資金計画を立てておくことが経営者には求められますが、それでも急に運転資金が必要になるのはよくあることです。

たとえば、普段から取引のある銀行や、政府系金融機関などの公的な金融機関の融資を利用している場合、融資を受ける際には事業計画書を提出するなどして審査を受けなければなりません。

その審査の内容次第では融資が受けられない場合もあり得るため、資金計画がうまくいかなくなる可能性もあります。また、銀行の担当者などからは融資の確約を得られていても、実際に審査を経て融資を受けるまでには最長で2カ月程度の時間がかかることがあるため、急に資金が必要になったときに対応できなくなる場合もあるのです。

こうしたことを避けるためには、突然の運転資金不足に対応してくれる金融機関を見つけておかなければなりません。

そこでお勧めなのが、運転資金の融資をしてくれるノンバンクの活用です。ノンバンク金融機関には、事業系融資を専門に扱う「ビジネクスト」や、事業者ローンの「ビジネスパートナー」などがあります。

どちらもつなぎ資金や立替資金などに利用できるうえ、無担保での利用が可能です。また融資までのスピードも比較的早いことなどが特徴になっていますので、こうしたノンバンクを上手に活用すると資金繰りが楽になるのではないでしょうか。
参考:運転資金の借入が今日中に可能なノンバンクは?<即日融資>

 

運転資金調達の注意点

事業を継続していくうえで事業主が何度も直面すると言われているのが、運転資金調達の難しさ。実際、事業計画書を何度提出しても銀行の融資審査に通らないといった、苦しい経験をされた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

たとえば、銀行から運転資金を融資してもらう際には、必要となる運転資金の金額とその使途について詳しく説明しなければなりません。融資を受けるお金の使途には、大きく分けて運転資金と設備資金とがあります。

運転資金とは、日常の取引の中で支払いが先で回収があとになってしまう場合など、事業を行なっていくに当たって必要になる資金のこと。そして設備資金とは、不動産購入時や機械設備等を購入するための資金のことを指します。銀行に融資を申し込む際には、こうした資金使途をかなりはっきりさせなければなりません。

加えて必要なのが、こうした運転資金調達に関して事前にきちんとした計画を立て、資金の必要な月の3カ月ほど前に融資の申し込みをしておくということです。

銀行は比較的融資の審査に時間をかける傾向があり、時間的余裕を持って申し込んでおく必要があるのです。また融資を断られたときのことを考えて、付き合いのある複数の銀行に申し込んでおくと安心でしょう。

それでも銀行の融資はなかなか厳しく、希望通りの額が融資されなかったり、審査に通らないというような可能性もあります。このようなときのために、ノンバンクの事業資金専門の金融機関などを事前にリサーチしておき、いざというときに備えておくと安心でしょう。

 

運転資金の資金繰り法

会社の運転資金が不足しそうになったとき、事業主であるあなたはどのような対処をするでしょうか。何とか必要経費を抑えて売掛金が入ってくるのを待つ、取引している銀行に融資を頼みこむなど、いろいろと対処法として思いつくことはあるでしょう。

しかし、きびしい資金繰り状況のなかで取引しているメインバンクなどに泣きつくのはあまり賢明な方法であるとは言えません。銀行に融資を申し込む際には、経営計画や資金計画をまとめたものを提出しなければならなこともあり、厳しい状況で泣きつくと「融資しても回収できないかもしれない」と、融資を断られる可能性もあるからです。

とくに会社の資産である土地などを担保にして大きな金額を借り入れている場合には、追加で運転資金を借りるのが難しいときがあります。それでも何とか運転資金を借り入れなければ会社を存続することはできませんよね・・・。

そんなときに頼ることができるのが、無担保で事業資金を借りることができる事業融資系の金融機関です。こうした金融機関では、基本的に無担保・保証人不要で事業資金を融資してくれるだけでなく、銀行などと比較すると審査から融資までがスピーディで、いざというときのつなぎ融資にも対応することができるようになっています。

たとえば、事業系融資の「ビジネクスト」のビジネスローンの場合、融資額は50~1,000万円とビジネスにも対応できる設定。気になる金利についても、利用限度額100万円以上の場合は年8.0%~15.0%と、納得の数字になっています。来店不要でオンライン申し込みが可能という手軽さと充実したサービス内容で、累計40,000人もの利用者を誇る事業系ローンとなっています。

無担保でこのようなまとまった金額を借り入れることができる事業系金融機関は、運転資金の資金繰りの強い味方。いざというときのために、利用する予定がない場合でもとりあえず審査を受けておくとよいのではないでしょうか。

借金・借入ではない資金繰り方法


借金・借入ではない資金繰り方法がファクタリング

ファクタリングは、あなたの会社の売掛金を売って現金化することです。欧米では手形取引より一般的な資金繰り方法です。

ファクタリングとは? その仕組みと2社間3社間契約の違い

ファクタリング会社・業者の選び方と注意点

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

事業の資金調達という会計処理ではなく、あなた自身の与信枠で借りたい場合は、個人向けカードローンの特集サイトが役立ちます↓
fundbank.jp(カードローンおすすめ1番は?銀行と消費者ローン)

トップページへ

即日融資もOK 運転資金向け事業者ローン 安心な3社

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

オリックスVIPローンカード BUSINESS

最短60分で審査回答。
最短即日の融資にも対応
しているのが最大の魅力!

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 全ての主要なコンビニ・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも

基本的にはカード発行の事業者向けカードローンという形。

実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 - ノンバンクの事業者ローン融資で資金調達