事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2016年

【2016年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

*

ノンバンクの事業者ローンとは

   

銀行や信用金庫以外の金融機関であるノンバンクには、消費者金融なども含まれていますが、個人に融資するだけではなく、事業者にも融資を行っています。それが事業者ローンやビジネスローンになります。個人に融資する場合は融資限度額がおおよそ10万円から、多くても300万円程度ですが、事業者ローンの場合は最大で500万円から、会社によっては1,000万円になっていることもあります。
ノンバンクの事業者ローンのメリットとしては、個人向けと同じように、審査が緩くて早いということになり、デメリットとしては、金利が高いということになります。この事業者ローンは、企業の大小に関係ないので、中小企業であっても零細企業であっても、SOHOを行っているような個人事業主の方でも利用できます。銀行や信用金庫などの場合は、零細企業や個人事業主に対して審査が厳しい傾向にあるので、ノンバンクを利用する機会も多くなります。
しかし、ノンバンクは預金などの業務を取り扱っておらず、自己資金が少ないので、銀行から融資を受けて、その資金で運営していることや、万が一貸し倒れになった時の穴埋めの為に金利が高くなっていますので、無計画に利用すると毎月の返済で経営を圧迫するようになる可能性もあります。零細企業や個人事業主であっても、日本政策金融公庫であれば融資を受けられる可能性もありますので、他の金融機関では融資を受けられなかった場合に、ノンバンクの事業者ローンを検討すると良いでしょう。

借金・借入ではない資金繰り方法


借金・借入ではない資金繰り方法がファクタリング

ファクタリングは、あなたの会社の売掛金を売って現金化することです。欧米では手形取引より一般的な資金繰り方法です。

ファクタリングとは? その仕組みと2社間3社間契約の違い

ファクタリング会社・業者の選び方と注意点

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

事業の資金調達という会計処理ではなく、あなた自身の与信枠で借りたい場合は、個人向けカードローンの特集サイトが役立ちます↓
fundbank.jp(カードローンおすすめ1番は?銀行と消費者ローン)

トップページへ

即日融資もOK 運転資金向け事業者ローン 安心な3社

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

オリックスVIPローンカード BUSINESS

最短60分で審査回答。
最短即日の融資にも対応
しているのが最大の魅力!

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 全ての主要なコンビニ・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも

基本的にはカード発行の事業者向けカードローンという形。

実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 - ノンバンクの事業者ローン融資で資金調達