事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2016年

【2016年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

*

ノンバンクと商工ローン

   

ノンバンクと商工ローンを同じように考える方もいますが、厳密に言うと違います。ノンバンクは、銀行や信用金庫などのような預金業務を行わない金融機関全般を指し、融資する相手は個人と法人があります。商工ローンは、預金などの業務を行わない金融機関ではあるのですが、基本的には中小企業や零細企業を対象にしていて、個人に融資は行っていません。つまり、商工ローンはノンバンクの一種だと言えます。
商工ローンの中には、事業者から融資を申し込んでいないにも関わらず、ダイレクトメールや電話で融資を提案してきたり、融資を申し込んだ際に、異常に高い金利になっていたりする会社もある為、悪いイメージを持った方も多く、その為ノンバンクのイメージも悪い方もいます。しかし、どの業種でも同じですが、健全な経営をしている会社もあれば、そうでない会社もありますので、健全な会社を利用する分には問題ありません。商工ローンの会社の中には上場企業もありますので、融資を申し込む場合は事前に情報を確認しておくと良いでしょう。
ただし、健全な経営をしている商工ローンでも、日本政策金融公庫や銀行、信用金庫よりは金利が高い傾向にありますので、その点は覚えておく必要があります。融資を申し込む際に、事業計画書などが必要ない場合もあり、手軽に融資を受けられるという理由で利用すると、利息が経営を圧迫する可能性もありますので、まずは今後の事業計画を立て、見通しをつけてから、銀行や信用金庫などに融資を申し込み、断られたとしても確実に返済できる見通しがある場合は、商工ローンの利用を検討しましょう。

借金・借入ではない資金繰り方法


借金・借入ではない資金繰り方法がファクタリング

ファクタリングは、あなたの会社の売掛金を売って現金化することです。欧米では手形取引より一般的な資金繰り方法です。

ファクタリングとは? その仕組みと2社間3社間契約の違い

ファクタリング会社・業者の選び方と注意点

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

事業の資金調達という会計処理ではなく、あなた自身の与信枠で借りたい場合は、個人向けカードローンの特集サイトが役立ちます↓
fundbank.jp(カードローンおすすめ1番は?銀行と消費者ローン)

トップページへ

即日融資もOK 運転資金向け事業者ローン 安心な3社

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

オリックスVIPローンカード BUSINESS

最短60分で審査回答。
最短即日の融資にも対応
しているのが最大の魅力!

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 全ての主要なコンビニ・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも

基本的にはカード発行の事業者向けカードローンという形。

実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 - ノンバンクの事業者ローン融資で資金調達