事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2016年

【2016年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

*

ノンバンクから低い利息で借りる方法

   

ノンバンクからではなく、銀行から融資を受ける方が良いのは明らかなのですが、それでもノンバンクから融資を受けなければならない状況というのが現実にはあります。そうした場合に、少しでも利息を低くする方法はないのでしょうか。さすがに銀行よりも低く…という方法は見当たらないかもしれませんが、普通に融資を受けるよりは、利息を安くできる方法はありました。
それは、不動産を担保に融資を受けるという方法です。やはり、有担保ローンは無担保ローンに比べて利息などが安くなります。もちろん、融資されたお金をきちんと返済できなくなってしまった時には、担保として不動産は持っていかれてしまうというリスクはありますが、きちんと返済する前提での借り入れなのでそこは問題ないでしょう。また、銀行での不動産担保ローンと比べても審査は緩くて早く終わりますし、そういった意味では急を要する際には、積極的にノンバンクからの融資を受けるのもありだと言えます。
不動産を担保とするかどうかはともかく、銀行からの融資を受けることができるのなら、それが一番である事は確かです。しかし、それが無理な場合であったり、緊急事態なので銀行の審査を待っていられないといった場合には、ノンバンクからの融資を受ける事も必要でしょう。そして、その際に不動産を担保とする事ができるのなら、利息が安くなるなどのメリットも望めるので、融資を受ける前にノンバンクへしっかりと確認をした上で、借り入れをしましょう。

借金・借入ではない資金繰り方法


借金・借入ではない資金繰り方法がファクタリング

ファクタリングは、あなたの会社の売掛金を売って現金化することです。欧米では手形取引より一般的な資金繰り方法です。

ファクタリングとは? その仕組みと2社間3社間契約の違い

ファクタリング会社・業者の選び方と注意点

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

事業の資金調達という会計処理ではなく、あなた自身の与信枠で借りたい場合は、個人向けカードローンの特集サイトが役立ちます↓
fundbank.jp(カードローンおすすめ1番は?銀行と消費者ローン)

トップページへ

即日融資もOK 運転資金向け事業者ローン 安心な3社

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

オリックスVIPローンカード BUSINESS

最短60分で審査回答。
最短即日の融資にも対応
しているのが最大の魅力!

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 全ての主要なコンビニ・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも

基本的にはカード発行の事業者向けカードローンという形。

実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 - ノンバンクの事業者ローン融資で資金調達