事業資金調達<至急>法人融資と個人借入に事業ローン@2017年

【2017年最新情報】急ぎで事業資金を借りたい方向けの法人融資と個人借入の情報サイト。銀行 信用金庫 ノンバンクの事業者ローン活用で赤字体質脱出。黒字化への道。

*

借入できる金額例/借入金とは?銀行からの借入金や労働金庫・農協からの借入金

      2017/07/28

100万円 200万円 300万円 400万円 500万円 600万円 700万円 800万円 900万円 1000万円

 

借入金とは

借入金とは返済義務を負った資金の調達方法で、例えば銀行から借りたお金のことを指して言います。そして借入金の代表例としてあげられるのは証書借入、当座借越、手形借入などです。また返済期限により一年以内の短期借入金、一年以上の長期借入金、そして後一年で返せる一年以内返済長期借入金の3つに分かれ、このうち一年以内返済長期借入金は短期借入金に入ります。

では借入金の代表例についてそれぞれ説明していきたいと思います。まずは証書貸付ですがこれは融資に際して借用証書を徴求する貸付方法です。これは一年超の長期借入金であり原則設備資金に対して融資が行われます。

次に当座借越とは預金残高を超えて小切手を振り出すことができるという借金の一種になります。この当座借越をするためには銀行に担保を差出し当座借越契約を結ぶことが必要となります。これによって契約した借越限度額まで小切手を振り出すことができるのです。

では手形借入とはなんでしょうか?これは手形を担保に借入を受けるものです。また支払承諾とは銀行の保証業務です。手形貸付とは売上のうち受け取った手形を担保に銀行で融資を受ける形を取ります。そしてこの五科目は銀行の融資の基本なのです。

このように銀行では資金使途により一年以内の短期貸付、一年以上の長期貸付を行っています。そして一年以内の融資には割引手形、手形貸付、当座貸越、一年を超える期間の融資では証書貸付、支払承諾で対応しています。

 

銀行からの借入金の重要ポイント

日本の会社において、借入金の状態の分析は極めて重要なポイントになります。欧米に比べて資本市場が活発でない日本では、会社の資金調達の中心的な役割を担っているのは投資家ではなく銀行からの借入金だからです。

仮に会社が赤字に陥ったとしても、銀行からお金を借り入れることができれば倒産することはありませんし、債権者へ不払いを起こすこともありません。銀行がその企業が困った時にお金を貸してくれるかどうかを判断することは、与信管理上の会社評価においてはかなり重要なポイントとなります。

まず調査対象となる会社がどこからお金を借りているのかを確認することです。借入先については不動産登記簿の乙区の根底当権者、抵当権者欄を見ればわかります。いちばん良いのは、もちろん担保設定がない、つまり借入金がないということですが、担保設定がある場合でも借り入れている先がどの金融機関なのかを確認することで企業の信用状態を評価することができます。

一般にメガバンク、都銀、地銀、第2地銀、その他金融業者の順に融資の審査基準は難しく、金利も低い傾向にあります。メガバンク、都銀や地銀などから融資を受けられているということは、少なくとも難しい審査基準にかなうだけの信用状態を備えている可能性が高いのです。逆に銀行以外の金融業者より融資基準が暖い分、高い金利で貸し付けを行っています。そのため、銀行では融資を断られた会社が仕方なく高い金利で借入を行っていることが考えられますので、銀行借入企業よりも信用状態はもっと低いと判断する必要があります。

借入金の有無と借入先を確認した後、借入規模の確認が必要です。借入規模があまり大きすぎると財務状態を悪化させます。返済が出来ない状態になれば資産ショートをお越し倒産に至るので、ここも重要なポイントとなります。

 

労働金庫・農協からの借入金のメリット

信用金庫や信用組合も中小企業や個人事業主、地域住民に意からを置いているという点では共通していますが、労働金庫は特に、働く人、個人をサポートし、利益を還元することに使命感を持っているようです。

労働金庫は、原則として、労働組合や生活協同組合等の団体に加盟をしている組織や個人が対象になります。ですが最近では、これらの団体に入っていない人でも、○○倶楽部などの親睦組織に入る事で預金や借入金などのサービスを受けられるようになりました。入会する時に1,000円程度の会費を支払うだけで入れますので簡単です。

労働金庫は福祉的な考えを持って事業を行っているので、ローンの金利も低く設定されています。団体加盟会員は取り扱い手数料や保証料が安かったり無料になったりするケースが有りますが、一般の個人でもたくさんのメリットがあります。労働金庫では、福祉事業やNPO法人支援などの社会貢献活動や、個人に対して生活資金支援、子育て応援などを積極的に行っていますので、それらを大いに活用するといいです。

一方、JA組合員に加入すると、低金利でのJAローンの借入金ができます。また、地方によっては独自の優遇金利定期への預け入れができるところもあります。JAは農業をやっていないと入れないのではないか、と思いがちですが、農業をしていなくても、1万円くらいの出資金を払えば誰でも利用できます。借入金のメリットですがなによりも、金利がとても安いのが嬉しいです。

金利以外のメリットは、組合になっている地域でのガソリンスタンドの給油料が安くなったり、地域ごとのリクリエーションに参加出来たり、総会に出席してその地域のJAの運営に参加出来たりします。

借金・借入ではない資金繰り方法


借金・借入ではない資金繰り方法がファクタリング

ファクタリングは、あなたの会社の売掛金を売って現金化することです。欧米では手形取引より一般的な資金繰り方法です。

ファクタリングとは? その仕組みと2社間3社間契約の違い

ファクタリング会社・業者の選び方と注意点

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

トップページへ

急な融資もOK!資金繰り向け事業者ローン 安心な3社

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!
実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー

 

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 - ノンバンクの事業者ローン融資で資金調達